FC2ブログ

記事一覧

リリー・フランキー、錦戸亮は「ほぼオカン」日英合作映画『コットンテール』特別先行上映会

【イベント】
2月13日、本作の特別先行上映会が行われ、主演のリリー・フランキーと、錦戸亮、木村多江、高梨臨、そしてイギリスより来日したパトリック・ディキンソン監督による舞台挨拶を都内劇場にて実施。日英の制作チームが一丸となった撮影、そしてイギリスのウィンダミア地方でのロケについてなど、語った。


第 18 回ローマ国際映画祭最優秀初長編作品賞を受賞した日英合作映画『コットンテール』特別先行上映会が実施され、リリー・フランキー、錦戸亮、木村多江、高梨臨、そしてパト リック・ディキンソン監督が出席した。


満席で迎えたこの日。撮影から約 2 年半の月日を経て完成した本作のお披露目にリリーは「まさかこんな大 きな劇場で、こんなにも沢山のお客さんが来てくれるとは思わなかった」と感激し「撮影時は本当にコロナ禍真っただ中。撮影でロンドンに行っても隔離生活、日本に帰っても隔離生活。ロンドンの撮影の記憶プラス隔離の記憶が濃い。当時は本当に撮影が出来るのか?という状態でしたから」と当時の狂騒ぶりを回想。イギリスから駆け付けたパトリック監督も、沢山の観客で埋め尽くされた会場を眺めながら「こうなればいいな~とずっと思っていた 光景が今目の前に広がっています」と喜びを噛み締めていた。



ロンドンでの撮影時、自炊ライフを送っていたという錦戸。「僕はお米が好きで、一合炊けるお弁当箱型の炊飯器を持ち込んで毎晩お米を炊いて、次の日の朝に炊きたてのお米を食べていました」と健康的食生活を紹介。するとリリーは「おにぎりを握って来てくれて、たまに僕やパトリック監督にくれた。やっていることはほぼオカンでした」と明かして笑わせ、パトリック監督が「シソのおにぎりが美味しかった。イギリスにはシソがないので残念です」と肩を落とすと、錦戸は「今日作って来ればよかった~!」と悔しそうだった。


リリーと錦戸は意外にも初共演。俳優・錦戸亮のファンだというリリーは「ダメなお父さんと、お母さんと嫁に挟まれて...。錦戸くんが演じた慧はそんな大変な役どころでしたが、それを空気感で説明してくれた。やはり凄いなと。一緒にいやすい人でもあって、ナチュラルに親子感も出た」と手応え。お褒めの言葉に錦戸は照れながらも 「リリーさんはダメ親父としてしっかりと僕を振り回してくれた。演じる上では自分自身が抱いている気持ちも出てくるものなので、その過程も観ていただきたい」と観客にアピールしていた。



一方、木村はパトリック監督の演出術を紹介。「台本はあくまでガイドラインで、みんなで役を作っていく感じで した。パトリック監督は私が感じることが大事だと言ってくれて、現場は居心地が良く誠実で役者に寄り添ってくださる監督でした。いい経験をさせていただきました」と感謝した。そのパトリック監督は、リリーと木村が『ぐるりのこと。』(2008 年公開)以来の夫婦共演を果たしたことに「お二人は世界中でも最も素晴らしい役者です。私の作品で『ぐるりのこと。』と同じように夫婦役を演じくれたのが嬉しかったです」と感激しきりだった。

イラン映画の巨匠アッバス・キアロスタミ監督の『ライク・サムワン・イン・ラブ』に出演した経験のある高梨 は、ヨーロッパでの人気も高いそうで「ヨーロッパのスタッフからモテていたね」とリリーが報告。高梨はパトリック監督について「日本語もお上手で日本人の気持ちを理解してくれる温かい方でした。外国人ではあるけれど、日本人と近いものを感じながら撮影出来ました」と充実した表情だった。


本作が長編映画監督デビューのパトリック監督は「この作品はラブストーリーであり、家族の愛の物語でもあります。僕は日本とイギリスを繋げる作品を作りたかった。日本のスタッフの皆さんは世界的に見ても優秀で、それは役者にも言えること。ワールドクラスの役者さんたちが自分の作品に参加してくれたことに心から感謝しています」と述べ「中でもリリーさんの演者としての情熱は素晴らしく、その姿を日本の観客の皆さんに早く観ていただきたい!」と激賞。これにリリーは上映前の舞台挨拶ということもあり、「いやいや、今それを言ったらお客さんの期待のハードルが上がるから...」と恐縮していた。



バレンタイン間近ということもあり、この日はイギリススタイルでパトリック監督がキャストそれぞれに一輪の真っ赤なバラをプレゼント。イギリスの粋な習慣にリリーは「なかなか可愛い習慣ですね~」と感心しながら、錦戸ファンに向けて「錦戸さんにチョコレートを持って来ている人もいると思うので、それは僕が預かりますよ」とジョークを飛ばしていた。

そしてリリーはパトリック監督の第 18 回ローマ国際映画祭最優秀初長編作品賞受賞を祝福。これにパトリック監督は「ありがとうございます。でも頂いた賞はこの映画に関わった皆さんに贈られたものだと考えています」と『コ ットンテール』ファミリーを労っていた。


最後に主演のリリーは「パトリック監督がこの作品を撮ってくれたことで、家族が歳をとっていくというのは日本人だけではなく、世界中の問題だということがわかる。重たいテーマを扱っているかもしれないけれど、この物語は愛の話であり、世界が愛おしく感じる作品だと思います。イギリスの綺麗な風景や映像も美しいので、大きなス クリーンで観ていただき、この映画のことを気に入ってもらえたら嬉しいです」とアピール。パトリック監督も 「今日はご来場ありがとうございます。映画を楽しんでほしいです。この映画から愛を感じていただき、その愛を 他の方にシェアしてもらえたら嬉しいです」と期待を込めた。
(オフィシャルレポート)



出演:リリー・フランキー 錦戸亮 木村多江 高梨臨 / 恒松祐里 工藤孝生 / イーファ・ハインズ and キアラ ン・ハインズ
監督・脚本:パトリック・ディキンソン 製作プロダクション:マグノリア・マエ・フィルムズ、オフィス・シロウズ
製作総指揮:ガブリエル・タナ プロデューサー:押田興将、キャロリン・マークス・ブラックウッド、エレーヌ・テオドリー
配給:ロングライド
2022 年/イギリス・日本/日本語・英語/94 分/2.39:1/カラー/原題:COTTONTAIL
©2023 Magnolia Mae/ Office Shirous
3 月 1 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ