FC2ブログ

記事一覧

映画『シモキタブレイザー』主演・佐藤嘉寿人、赤名竜乃介オフィシャルインタビュー到着

【ニュース】
映画『シモキタブレイザー』主演を務める佐藤嘉寿人と赤名竜乃介のオフィシャルインタビューが到着!演じたキャラクターや、脚本を読んだ感想、本作を通して伝えたいメッセージを熱く語ってくれた。


―脚本を読んだ感想を聞かせください

佐藤 初めて脚本を読んだ時はちょっと重たい話かなと思っていました。若者がお金がなくて自分の愛犬が病気になっちゃって、闇バイトに手を染めていくっていう社会派のシリアスな話なのかなと思ってたんですけど、衣装合わせで監督に「これはコメディだよ」って言われて、そこから脚本の読み方が一気にガラッと変わりました。

赤名 僕も第一印象は同じイメージでした。闇バイトってまあ正直僕にはあんまり親近感のあるものではなくて、最初は別世界の話のように感じていました。でもその時期に結構そういうニュースというか、それこそちょうど撮影のタイミングに銀座で闇バイトが宝石店強盗ってニュースもあって、その時から意外と身近に感じられるようになりました。その中で台本を読み返して、今作を観た人に今のリアルというか、お金がなくて困っている子たちが闇バイトに手を出しちゃう、そういうリアルさとか生々しさは届けられるのかなっていうのが第一印象でした。


―自身の演じたキャラクターに関して教えていただけますか?

佐藤 ちょうど僕自身が新たな道に進んだタイミングでもあって、僕にとって俳優として再スタート1本目の作品だったんですけど、台本読んでKENに入りこめたというか、その心境に自分もすごく近かったのでその思いをそのまま乗せて目の前で起きることに必死に生きていく KEN の姿を意識して演じました。

赤名 逆に、僕と SMOKY ってかなり違うと思うんですよ。似ている部分あまりないんです。ちょっと世の中を舐めているなと。でもその中で自分が持った芯っていうか、舐めてるなりにプライドがあるんだと台本を読んで気がつきました。
熱を入れた部分で言うと、撮影入るまでにレゲエに触れたことがなかったんで、まず「ボブ・マーリー」を聞いてみたりとか、そういう小さなことから触れていこうかなっていうのを撮影前にすごい意識しました。

―今作は闇バイトについて触れています

赤名 先ほども述べましたけど、世の中を舐めてるってところも理由としてあるのかなって。お金を稼ぐことって楽なことじゃないけど、しんどい思いはしたくないからとりあえず、多少リスクを負ってでも楽して稼ごうっていう考えの若者がいるのも事実かなって。それは良くないなって思いつつもその人にも色んな理由があるとは思いますけど。

佐藤 SNS が普及しているのですごく闇バイトっていうのが身近になってしまった部分ありますね。X(旧:Twitter)でもそういうのあるし、スマホ 1 つあればできる世の中になってしまったっていうのが 1 つ原因でもあると思います。だからってじゃあ自分が何ができるかとかそんな大層なことは政治家でもないし難しくて、でも考えることはできるかなって。本作を通じて一人でも多くの人がそれについて考えるようになればいいなと思います。

赤名 仮に親しい仲間が闇バイトに手を出してしまった時に、知識があればちょっとでも止められるんじゃないかなって思います。考えることはやめちゃダメなのかなっていうのはすごい感じますね。

―今作では KEN はタトゥーアーティストの設定ですが、タトゥーに嫌悪感を抱く方が世間にはいらっしゃるかと思います。

佐藤 個人的にはその考え方がもう古くなってきたんじゃないかなっては思います。実際に撮影期間中ずっとそのタトゥーシールをしてる状態で生活してたんですけど、僕に対する接し方が全く違うことに気づきましたね。店員さんだったり、話す人がある意味すごく優しかった。やっぱり威圧感があるんでしょうね。周りからどんな人なんだろうっていう目でも見られていたのかなってすごく感じました。なんかいつもとは違う視線を撮影期間中すごく感じていたんです。それはすごく不思議な感覚でした。

赤名 個人的には別に小さいことだから気にしなくてもいいんじゃないかなっていうのは少しあります。でも僕はアメリカ留学を少ししていたんですが、日本で生活するのであれば多少生きづらくなるだろうなとは思いますね。


―これから今作を観ていただいた方々に対してメッセージをお願いします。

佐藤 人それぞれこの作品に込められているメッセージ的な部分の受け取り方って結構違うのかなと思うんですけど、すごくハッピーになる人もいれば、闇バイトでこういうこともあるんだとか、必死にこの若者がお金がない中で生きていく姿に感動する人がいたりと本当に受け取り方は様々だと思います。それを一つでも感じ取っていただけたら僕らもすごく嬉しいです。この『シモキタブレイザー』という下北沢を題材にしてる作品で、もっともっと世界にシモキタを流行らせていけたらいいなというのと、是非『シモキタブレイザー2』もやりたいなと思います!

赤名 本当に今、佐藤君が言った通り現在を感じれる部分がある作品ですし、なんといってもコメディーなので 2 回目 3 回目と観る度に笑いのポイントが全然違って見れる部分もあると思います。ぜひ何度も劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです。それが本当に『2』につながって、また続編を皆さんにお届けできたら僕達ももっともっと嬉しいですし、この作品の面白さが世に届けられたらいいなと思います。



また、本作の公開を記念して、佐藤嘉寿人、赤名竜乃介(ビデオメッセージ)、青木謙、倉冨なおと、出口亜梨沙、寺地拳四朗、安藤光造監督が登壇の舞台挨拶の開催が決定した。舞台挨拶のチケット販売は本日19時よりオンライン先行発売予定です。
詳細は下記劇場ホームページに随時アップ致します。
ヒューマントラストシネマ渋谷 HP https://ttcg.jp/human_shibuya


佐藤嘉寿人
赤名竜乃介 青木謙 倉冨なおと
伊藤慶徳 佐藤タダヤス 浦彩恵子 チャンス大城 りゅうと 寺地拳四朗 /モロ師岡
兒玉遥 出口亜梨沙 杉浦文紀 室田真宏 岡田地平 蟹江アサド 仁也 コネクリ先輩 謝花弘規 朝倉ここな
ルパン・J・葉山 宮瀬彩加 相馬理 青木崇史 渡辺健太
主題歌:「S・M・K・T」 安祖兄小屋次 / エンデイングテーマ「The thinkingtime」ELADYSUN
監督:安藤光造
脚本:賀々贒三・安祖兄小屋次 撮影:野村次郎 照明:溝渕健二 録音:飴田秀彦 助監督:躰中洋蔵
美術:佐々木記貴 衣装:林 万里衣 ヘアメイク:征矢杏子 編集:水野翔斗・安祖兄小屋次
アクション:伊藤啓太 カーアクション監督:安祖兄小屋次 音楽:小河原秀作・安祖兄小屋次 音響効果:臼井 勝
コプロデューサー:田辺眞一 キャスティング:川口真五
企画・製作:株式会社モンキースパイス 協力:長谷川トラストグループ 配給:アルバトロス・フィルム
2023 年/日本映画/日本語/71 分/16:9/PG12
2 月 16 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ