FC2ブログ

記事一覧

『ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争』ゴダールの肉声入り予告編解禁 著名人コメントも到着

【ニュース】

サンローランプロダクション製作
『ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争』ゴダールの肉声入り予告編が解禁 著名人コメントも到着した。

2022年9月に亡くなったジャン=リュック・ゴダールが最後に手掛けた映画作品『ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争』。2023年カンヌ国際映画祭クラシック部門でワールドプレミアを迎え、世界の国際映画祭を席巻。映画界から永遠に去る直前まで手を加え続けた、ゴダール自身をして「最高傑作だ」と言わしめた必見の注目作だ。


この度、ゴダールの肉声が含まれた予告編が解禁。製作を担ったサンローランプロダクションに映画の話を持ち掛けた時期からの、本作が生まれた経緯を振り返っている。ゴダールに一番近いスタッフだったファブリス・アラーニョは「『イメージの本』(2018)以降、ジャン=リュックはシャルル・プリニエの「偽旅券」(1937)という多くの章からなる小説の翻案を望んでいた。それぞれの章には、1917年の10月革命から1930年代の間に生きたさまざまな人物の存在が認められる。彼の考えは、そのなかの2人に焦点を当てて物語を発展させることで、そのうちの1人の名はカルロッタでした」と述懐する。ゴダール自身による「ちょうどプリニエが政治と革命という昔の情熱に回帰したように、また映画が作れるだろうか」という呟きで幕引きとなる予告編。本編への期待が高まる。


また、いち早く本編を鑑賞した各界著名人よりコメントが到着。蓮實重彦(映画評論家)、堀潤之(映画研究者)、菊地成孔(音楽家・文筆家・「ラディカルな意志のスタイルズ」主宰)、万田邦敏(映画監督)からのコメントは以下の通り。


死後のゴダールは、存在しない作品の予告編とやらでまたしても見るものを驚かせる。ゴンクール賞受賞作家シャルル・プリニエの『偽旅券』の映画化が叶わず、その詳細なシナリオ構成をキャメラ担当のアラーニョに託し、これは自分の最高傑作だと呟いたというのだから。実際、作中に再現される『アワーミュージック』の一景を目にしただけで、誰もが涙せずにはいられまい。
蓮實重彦(映画評論家)
 
自作『アワーミュージック』(2004)をアップデートしつつ、スペイン内戦からアラブの春に至るあらゆる闘争をごった煮にした本作は、シモーヌ・ヴェイユやハンナ・アーレントに連なる新たな抵抗する女性の人物像「カルロッタ」が生まれようとする現場に我々を立ち会わせてくれる。
堀潤之(映画研究者)
 
21世紀 / 1人ジガ・ベルトフ集団 / 最後のヌーベル・ヴァーグ / 最新作 /
輝き / 20年後の素顔に驚かされる /サンローラン / 遺書 / 市場なきクール /
最短の最高傑作 / これこそがコラージュ / これこそが反資本主義 /
菊地成孔(音楽家・文筆家・「ラディカルな意志のスタイルズ」主宰)
 
私は思春期に、まるで宇宙人が作ったかのようなゴダール映画に遭遇し、確実に何かを殺され(その代わりに何かを生かされ)、どこかを乗っ取られてしまった。この映画がゴダールの遺言なら、そのすべてを自分の戒めとしようなどと勝手に思い込んでしまうのも、そのために違いない。
万田邦敏(映画監督)
 

監督・脚本・出演:ジャン=リュック・ゴダール 
2023/フランス・スイス/フランス語/カラー/20分 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 
原題:FILM ANNONCE DU FILM QUI N'EXISTERA JAMAIS : "DRÔLES DE GUERRES" 
提供:コムストック・グループ/ファインフィルムズ 配給:ファインフィルムズ/コムストック・グループ 映倫:G     
© SAINT LAURENT - VIXENS - L'ATELIER – 2022
2月23日(金・祝)より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ