FC2ブログ

記事一覧

シュー・グァンハン(グレッグ・ハン)×清原果耶 W主演 『青春18×2 君へと続く道』日本&台湾の2か所の情景を映し出す場面写真を解禁

【ニュース】
藤井道人監督最新作にして初の国際プロジェクト、日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』。台湾で話題を呼んだジミー・ライの紀行エッセイ「青春18×2 日本慢車流浪記」を原作とし、日本映画界が今最も注目する藤井道人が脚本・監督を務める。

台湾の超人気スター俳優 シュー・グァンハン演じるジミーと、日本の若手実力派女優、清原果耶演じるアミが【日本×台湾】【18年前×現在】を舞台に紡ぐ、切なくも美しいラブストーリー。この度、日本&台湾の2か所の情景を映し出す場面写真を解禁された。

解禁された場面写真は、ジミーとアミが共に過ごした18年前の台湾を映し出した4枚と、36歳になったジミーが初恋の記憶を辿る現代の日本での旅を映し出した4枚。



台湾の場面写真には、初めて訪れた台湾の観光地で一人旅を満喫するアミの姿や、バイクの二人乗りデートでジミーとアミが互いに想いを寄せ合う様子、そして「願いが叶う」と有名なランタンに二人の想いを乗せて空へと飛ばすジミーとアミの姿など、どこか懐かしさを感じさせる2000年代の台湾を舞台に、甘酸っぱい恋と二人の青春の 1ページを切り取ったような微笑ましいシーンの数々が映し出されている。



そして日本の場面写真には、18年後、36歳になったジミーが東京の駅構内で人混みの中にいる姿や、アニメ「SLAM DUNK」のオープニングに登場する踏切で“聖地巡礼”に訪れる様子、さらに初恋の記憶を辿る旅の道中で意気投合した18歳のバックパッカー・幸次(演:道枝駿佑)と連絡先を交換する様子など、日本の美しい風景や旅の道中での出会いが映し出されている。


二人が共に過ごした幸せな日々を映し出したかのように温かみのある台湾の場面写真と、大人になったジミーが一人で旅をする切なさがにじむ日本の場面写真の色味の対比から、18年前の台湾で過ごした思い出と、現在の日本を旅するシーンが印象的に行き来する本編への期待が高まる。

ジミーの平凡で退屈な日々に彩りを足してくれた日本人バックパッカー・アミとの甘酸っぱくて幸せな時間がずっと続いてほしいと願った矢先、アミの突然の帰国をきっかけに二人の時間は儚く幕を閉じる。

そこから18年後、伝えられなかった言葉と果たせなかった約束を胸に、ジミーは東京から鎌倉、長野、新潟と回り道をしながら、アミが育った福島へと向かう。道中で出会う様々な人々との会話や日本の美しい風景と共に色あせることのない当時の思い出を拾い集める中、ジミーは18年前のアミが心に秘めていた“ある想い”を知り、止まっていた時間が再び動き出す—。

『余命10年』や『新聞記者』など数々の大ヒット作品を手掛けてきた藤井監督が、“監督人生第二章の始まり“と位置付けた、日台の実力派俳優たちと共に送り出す〈渾身作〉。
18年前にアミがジミーとの別れ際に結んだ約束は何だったのか—?

ジミーが旅の果てに知るアミが隠していた想いとは—?青春と呼ぶには切なすぎる二人の物語を、是非劇場で堪能していただきたい。


シュー・グァンハン 清原果耶
ジョセフ・チャン 道枝駿佑 黒木 華 松重 豊 黒木 瞳
監督・脚本:藤井道人 
原作:ジミー・ライ「青春 18×2 日本慢車流浪記」
主題歌:Mr.Children「記憶の旅人」(TOY'S FACTORY)
エグゼクティブプロデューサー:チャン・チェン 音楽:大間々 昂 
撮影:今村圭佑
製作幹事:JUMPBOYS FILMS/サイバーエージェント 制作プロダクション:JUMPBOYS FILMS/BABEL LABEL 
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2024「青春 18×2」Film Partners
5 月 3 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ