FC2ブログ

記事一覧

原案・主演 賀来賢人『忍びの家』世界で巻き起こる”忍者旋風”藤岡弘、天翔愛 藤岡真威人の「家族座談会」映像を公開

【ニュース】

現代を舞台にした”忍者ドラマの新風”が世界を席巻
世界92の国と地域でTOP10入り!
Netflix週間グローバルTOP10(非英語シリーズ)初登場2位


2月15日の配信開始から1週間、「今日のシリーズTOP10」において、日本、インド、香港、タイなどを含む世界16の国と地域で1位を獲得、また、フランス、ドイツ、イタリア、アラブ首長国連邦、韓国、オーストラリアなどを含む世界46の国と地域でのTOP3を果たすなど、世界92の国と地域でTOP10入り。

また、Netflix週間グローバルTOP10(非英語シリーズ)においても初登場2位(*集計期間:2/15-2/18まで4日間)を獲得!現代に生きる最後の忍び家族を描いたオリジナルストーリー「忍びの家 House of Ninjas」はこれまでにない忍者ドラマの新風として海外への広がりをみせ、多くの支持を集めている。「各登場人物は異なる忍びの武器を用いた独自の戦闘スタイルを持っている。アメリカのアクションシリーズに慣れきった人にとって、とても新鮮だ」(BUT WHY THO?)、「創造的なビジョン、日米の異文化間の協力、そして現代の観客のために再想像された忍者の伝説であり普遍的な魅力の力を証明している」(UP YOUR GEEK)、「House of Ninjasは賀来賢人の夢のプロジェクトであり、世界的な露出機会でもある」(DEN OF GEEK)、「視聴者は賀来賢人や吉岡里帆などのキャストがブレイクスルーする瞬間を目撃した」(We Got This Covered)そのほかIMDbやRotten Tomatoesなどの海外レビューサイトでも賞賛の声が集まっており、世界的ヒットを記録している。

 
あの家族も賞賛!
藤岡弘、・天翔愛(長女)・藤岡真威人(長男)の”武道一家”による「家族座談会」映像を公開


公開された映像は、本作を語るに相応しい現代の武道一家"藤岡ファミリー"から父・藤岡弘、と長女・天翔愛、長男・藤岡真威人が揃った。映像は、「本作を漢字一文字で表現すると?」という問いからはじまり、藤岡弘、が書き上げた文字は、大義、道義、信義、正義の「義」。「義のために命を捧げる。先人たちから残された大いなる大義」と、熱の入った様子を見せる。

随所に散りばめられた伏線にも目が離せない本作だが、天翔愛は「これって何でだろう?と思わせるシーンがたくさんあったから、自分も一緒にその事件を追っている気持ちに」と、コメント。このワールドワイドな一大忍者プロジェクトについて藤岡弘、はアメリカ映画で主演を努めた際の自身の経験も踏まえ「世界的な視野に立って取り組んだ関係者・スタッフが、国境も民族も超えた洞察の中で創られたというスケールを感じた。本物を探求、追求してきたものが映像から伝わってくる」と、その映像クオリティを驚きとともにコメント。また「忍びの闇の世界を、まだこの世界の人たちは分かってなかった部分があった」と疑問を感じていたそうだが、本作ではその闇の部分を感じることができたようで、海外のクリエイターが携わっていることで「忍びへの興味・関心が強いからこそ、あそこまで洞察力が広がり、本物の本物を、ずっと探求・追求してきたものが映像の中にも伝わってくる。これはすごいこと」と、言及した。

また、”忍び”の存在について藤岡真威人は、「日本の歴史の中で活躍してきた忍者たちってもしかしたら大事件、大きな歴史を動かしてきたきっかけを起こしているかもしれないけど、それは教科書に載っていないし、影で生きる者たちとして”忍び”らしさというものが(映像に)すごい如実に現れていたなって、そこは日本人として感動します」と、本作を通して”忍び”の魅力を感じた様子。
他にもそれぞれが特に気になった注目ポイントを語るなか、日本のヒーローの原点である藤岡弘、は真のヒーロー像について「本当のヒーローは影で、未来のため、子孫のため、世界のため、国のため、家族のため、子供たちのために犠牲的精神で己を捧げながら無言で去っていく。それが本物のヒーローだと言いたい」と力説し、「本物の武士道精神の体現ですよ。孤高のヒーロー。お父さんが求めてやまない世界観だね」と興奮冷めやらない様子だった。 



出演:賀来賢人 江口洋介 木村多江 高良健吾 蒔田彩珠 吉岡里帆・ 宮本信子 ・田口トモロヲ 柄本時生 嶋田久作 ピエール瀧 筒井真理子 番家天嵩 山田孝之
原案:賀来賢人 村尾嘉昭 今井隆文
監督:デイヴ・ボイル 瀧本智行 村尾嘉昭
脚本:デイヴ・ボイル、山浦雅大、大浦光太、木村緩菜
エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤善宏(Netflix)
プロデューサー:神戸明
制作プロダクション:TOHOスタジオ
製作:Netflix
Netflixにて独占配信中


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ