FC2ブログ

記事一覧

マーベル『マダム・ウェブ』日本語吹替版プレミア上映に 大島優子 潘めぐみ ファイルーズあい 伊瀬茉莉也 子安武人 萩原聖人 が登壇

【ニュース】
原作コミックでは、未来予知でスパイダーマンを救う重要なキャラクターとして描かれるマダム・ウェブ。本作はマダム・ウェブ誕生の物語であり、これまでのマーベルと一線を画す、壮大な本格ミステリー・サスペンス。この話題作の公開を前に、2月21日に日本語吹替版の声優陣が一同に集結し、日本語吹替版の本作が初お披露目となった。

突然未来予知の能力を得た主人公のキャシー・ウェブ(マダム・ウェブ)の声を演じるのは実写吹替を務めるのは初となる大島優子。マダム・ウェブが救う3人の少女役の潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、黒いマスクの男エゼキエル役の子安武人、キャシーの一番の理解者であり同僚の救命士ベン役の萩原聖人 という豪華声優陣がマダム・ウェブさながらに未来予知に挑戦!観客たちの前で、箱に入った「何か」を当てるに<未来予知チャレンジ>を行いました!果たして、マダム・ウェブのように未来予知したのか!?


都内で行われた会場に沢山のファンが詰めかけ、登場したのは、日本語吹替版のキャストたち。突然未来予知能力を得た主人公キャシー・ウェブ(のちのマダム・ウェブ)を演じた大島優子は「彼女はニューヨークで救命救急士として働いた中で事故に遭遇し、その事故をきっかけに未来予知という能力を得ることになります。そして偶然出会った3人の少女たちが、黒いマスクの男に追われ殺されるというビジョンを見たことによって、彼女たち3人を救う運命というか、物語が繋がっていくという展開になっていきます。」とキャラクターを紹介し、改めてオファーを受けた時について「マーベル作品がすごく好きで観ていたので飛び跳ねるほど嬉しかったんです。それと同時にプレッシャーがすごくて。好きな世界だからこそ、その作品で自分が吹替えをやる、自分の声を吹き込むのがいいのかなと思ってしまって」と恐縮していた。また実際の吹替では「本当に難しいですね。普段は自分自身で表情やセリフを話して演じているのですが、今回はもう既に芝居をされているところに、声を吹き込むっていうことが、普段の仕事より制限があり、イマジネーションがもっともっと必要な作業だったので大変でした。なので声優さんたちはすごいなと本当に思いました。」と答えた。

また映像はいかがでしたかという質問には「映像がすごく迫力あったり、効果音もすごかったです。 その中でその他のキャラクターとの会話のキャッチボールを行うので、自分のセリフのトーンや声の迫力を通常の5倍くらい出さなきゃいけないんだなとか、もっと抑揚をつけたりとかどんどん声を出していくのはどうやったらいいんだろうと試行錯誤しながら演じていました。でも今回、吹替を担当させていただいて本当に光栄なことですし、すごく感謝しています」と振り返った。

続いて、未来に重要な使命を持つ3人の少女の一人・ジュリアを演じた潘めぐみは「ジュリアはティーンエイジャーなんですけど、未来において重要な役割を持つ3人の少女のうちの1人であり、相当内気なシャイな女の子なんです。だから彼女自身がここに存在していいのかわからない申し訳なさがありつつ、そこに佇んでいるシーンが結構多いんです。でも次第に彼女のバックボーンが明かされた時に、なんで彼女がそういう性格なのかわかってくるし、今後キャシーたちと出会っていくことで変化していくので、その過程を皆さんに見守っていただけたらなと思います」と自分の役を紹介した。

そして今回のオファー受けた時については「マーベル映画に出させていただけるんだという光栄な気持ちでした。ドラマシリーズの方にはすでに関わらせて頂いたのですが、映画は初めてでしたので、今まで様々な役を演じさせていただく度に夢が叶ったなと思うんですが、また1つ夢が叶ったと思いました。本当に感謝と光栄の気持ちでいっぱいです」と語り、また映画を観た感想を聞かれると「シドニー・スウィーニーさんは何度か声を当てさせていただいているのですけど、 過去作ではグラマラスな印象の役が多かったので、今回は少しシャイな役どころで声を当てるというのは不思議でした。本編はすごい伏線が色々なところにありますし、ファンの方が喜ぶ演出や1回観ただけではちょっと拾いきれないボリューム感とドラマがありましたね。」とした。



アーニャを演じたファイルーズあいは「ジュリアと同じく未来に特別な使命を持った3人の少女のうちの1人で、アーニャは結構達観していて、最初は冷めているという印象を受けるんですけども、実はものすごく頭が良い子です。ただ過去に色々経験してきているため、誰よりも努力して道を切り開こうとする面を持っていて、最初は彼女の強さにばかり目を向けて、ちょっと声を低めに作り強い感じにしようとしていたんですが、ディレクションの方から彼女は強く見えても、内心はすごく不安とか怯えがある等身大のティーンエイジャーだからと言われ、フレッシュな気持ちで演じました。実際に声がついたものを観て、改めてよかったっていう気持ちも生まれましたし、彼女の一部に声だけでもなれたことがすごく嬉しかったです。」と喜びを語った。そして本編を観た感想を聞かれ「トップバッターでの収録だったので、どなたの声も聞けてなかったんですけど、完成版を拝見したときに大島さんのキャシーの声の安心感がすごかったです。特に前半のキャシーは気だるそうな雰囲気があるんですが、徐々に何をするべきなのかを見つけて成長していく中での変化が素晴らしかったです。 2時間ほどの映画ですが、一生分のキャシーを見ているような説得力のあるお芝居で、すごく感銘を受けました。」と絶賛した。

マティを演じた伊瀬茉莉也は「マティは3人の女の子の中でも一番の怖いもの知らずで大胆なアクティブな女の子です。スケボーを持っていてスポーティーな部分もある女の子なんですけれども、物語が進むにつれて、徐々に仲間思いで真っ直ぐな部分が見えてきて、すごい素敵だなと、こんなに愛すべきキャラクターを演じさせていただけて光栄だなと思いました」と話し、「マーベル作品が好きで特にスパイダーマンシリーズが大好きで劇場で欠かさず観てきたので、今回まさか自分が関わらせていただけるなんて夢のようでした。また本作はマーベル初のミステリー要素もある作品で、この先の展開どんなふうになっていくんだろうとワクワクドキドキもありますので、新しい感覚を味わっていただけるんじゃないかなと思います。」と感想も語った。

続けて黒いマスクの男エゼキエルを演じた子安は「謎の男という風に一応言われていますけど、名前はエゼキエルです。ここまでは情報はあるんですけど、一体どんなキャラクターで、どういう風にここのキャラクターたちと絡んでくるのかというのは、チラシに書いてある通りです。」と答えると会場から笑いが起こり、続けて「3人娘を追いかけているんですけど、その追いかけ方が半端ないんです。ネタバレに注意しないとですからね、なかなか言えないんですけど。僕の中では優しく面白い人だなと思って演じたんですけど」と濁すと、潘は「怖かったですよ。でも、この声に追いかけられるの、少し楽しかったです」と言われて笑顔がこぼれていた。さらに子安は「役者さんが素晴らしいお芝居していたので、なるべくそちらに寄り添うように演じました。改めて完成した本編をみて、面白かったですし、吹替え大好きですね。やっぱりスクリーンに集中できますので、表情とか隅々まで観ることができますよね。」と吹替の良さを語った。


最後にこの日まで演じる役どころが明かされていなかった萩原聖人の役名が、キャシーの一番の理解者であり同僚の救命士ベンだと明かされると会場のファンからはざわざわとリアクションが起こり、その様子をみた萩原は「ベンって皆さん気になる名前かなと思いますけど、色々な作品の歴史があって、それが今いろんな形で繋がったりしていて、本作は時間軸としては過去の作品にはなりますので…。ベンはある人物にとても重要な言葉を残した人っていうことですね。」と自主規制をかけていた。またオファー時のことを振り返り「僕は多分、この中の誰よりもマーベルファンだと思っているのですが、だからもうそりゃヨッシャ!でした。また今回の作品は今までのマーベル作品の中でもサスペンス・ミステリーということで、ちょっと異質なあの雰囲気でした。」とコメントし会場を沸かせていた。



ここでマダム・ウェブにチャレンジ企画ということで、登壇ゲスト全員による<未来予知にチャレンジ!箱の中身を当てる>ゲームを実施。中身のわからない状態でそれぞれの前に置かれたボックスに、女性出演者は若干おびえる表情を見せはじめる一方で、萩原は覗き込もうとするなど楽しそう。

過去に何度かチャレンジをしたことがあるという大島は中身を触る前に「わかった」とマダム・ウェブばりの未来予知を見せつつも、ゲームスタート。口々に「生もの?」「わかった!簡単」など自由な発言がある中で、子安は「触れていない!」と一人ファイルーズの手を握ったことを告白。しかしゲームは続行され、一同で答えを発表するターンになり5人が「クモ」と正解する中で、子安だけ「ファイルーズさん」という珍回答を披露するのだった。また事前にわかったと威勢よく言っていた大島の予想はポップコーンだったようでゲームには見事正解したが、まだまだ未来予知能力は難しいようだった。


最後に会場に詰めかけたお客さんに向けて、萩原は「僕の役は秘密秘密と言われてるんですけど、本作はマーベル初の本格ミステリー・サスペンスということですので、今日見た内容は秘密を守ったまま、たくさんの人におすすめしてください。」、子安は「本当に吹替え版も面白いですので、僕のおすすめはベッドシーンと無線のシーンです。 そのシーンが来たらこれ子安さん言ってたなと思い出していただければと思います。あとは本当にベンが癒し系でいいんですよ、お友達になりたいと思います。」、伊瀬は「マーベルらしい作品になっていますので、まずは楽しんでいただけたらなと思います。」、ファイルーズは「運命が決まっているっていうところがテーマになってるんですけれども、未来が決まって見えているからといって、それが変えられないわけではないっていうところにすごく勇気をもらえると思います。」、潘は「本作は『マダム・ウェブ』の起源は始まりの物語となっています。 張り巡らされた記憶だったり、あとは絡み合う運命だったり、繋がれる絆が描かれた物語となっております。 未来を手繰り寄せて前へ進んでいくキャシーに私も勇気をもらいましたし、その運命と未来を癒すための物語だと私は思っております。全てはウェブ(糸)に繋がります。」、そして大島が「マーベル作品を観た後に思うのは、自分もこのパワー持ってる気がする、自分も何かできる気がすると力強さを持てるところが素晴らしいところだなと思っています。今回は今までのマーベル作品と違い、ミステリー・サスペンスなので、アクションがすごいあるわけではないんですが、いつもと違う感覚で楽しんでいただけたらと思います」とコメントし、イベントを締めくくった。
(オフィシャルレポート)


原題:MADAME WEB
監督:S・J・クラークソン(「Marvel/ジェシカ・ジョーンズ」、「コラテラル 真実の行方」)
出演:ダコタ・ジョンソン(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズ)、シドニー・スウィーニー(「ユーフォリア/EUPHORIA」)、イザベラ・メルセド(『トランスフォーマー/最後の騎士王』)、セレステ・オコナー(『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』)、タハール・ラヒム(『モーリタニアン 黒塗りの記録』『ナポレオン』)、エマ・ロバーツ(「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズ)、アダム・スコット(「セヴェランス」)  
© & ™ 2024 MARVEL
公式サイト:https://www.madame-web.jp
2月23日(祝・金)IMAX®ほか全国の映画館で公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ