FC2ブログ

記事一覧

A24製作 “どんなホラー映画よりも恐ろしい” 映画『関心領域』ポスタービジュアル、予告映像を解禁

【ニュース】

“この映画を観たことは一生忘れないだろう”
“どんなホラー映画よりも恐ろしい”
A24 製作、ジョナサン・グレイザー監督の最新作。アウシュビッツ収容所の隣で幸せに暮らす家族を描く『関心領域』ポスタービジュアル、予告映像を解禁

本作はイギリスの作家マーティン・エイミスの同名小説を原案に、『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(13)のジョナサン・グレイザー監督が 10 年もの歳月をかけて映画化したもの。製作は、昨年度のアカデミー賞®で作品賞ほか最多 7 部門を受賞した 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』 など多くの話題作を手がけ、近年の賞レースを席巻している映画スタジオ・A24。初お披露目となった第 76 回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞して以来、トロント映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、全米映画批評家協会賞など各地の映画賞を続々受賞し、第 81 回ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)ほか 3 部門にノミネート、第 77 回英国アカデミー賞では英国作品賞、外国語映画賞、音響賞を受賞、第 96 回アカデミー賞®では作品賞、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞、音響賞の計5部門にてノミネートを果たしている。

原題でもある《The Zone of Interest(関心領域)》とは、第二次世界大戦中、ナチス親衛隊がポーランド・オシフィエンチム郊外にあるアウシュビッツ強制収容所群を取り囲む 40 平方キロメートルの地域を表現するために使った言葉。映画では、アウシュビッツ強制収容所と壁一枚隔てた屋敷に住む収容所の所長とその家族の暮らしが描かれる。

本作のポスター、予告編が完成。ポスターは、アウシュビッツ収容所の所長とその家族が緑生い茂る広い庭で悠々と過ごす様子が描かれているが、ここはアウシュビッツ収容所の隣。本来収容所が写っているはずの壁の向こうは漆黒に塗りつぶされている。



予告編では、“この映画を観たことは一生忘れないだろう”“どんなホラー映画よりも恐ろしい”“今世紀最も重要な映画””目をそらしてはいけない”と海外映画評が警告のように並ぶ。映し出されるのは、どこにでもある穏やかな日常。壁の向こうにはまるで何もないかのように暮らす家族たち。しかし、壁一つ隔てた収容所の存在が、音、建物からあがる煙、家族が交わす視線や気配から着実に伝わってくる。壁を隔てたふたつの世界にどんな違いがあるのか?平和に暮らす家族と彼らにはどんな違いがあるのか?そしてあなたと彼らの違いは?


監督・脚本:ジョナサン・グレイザー
原作:マーティン・エイミス「関心領域」(早川書房刊)
撮影監督:ウカシュ・ジャル 音楽:ミカ・レヴィ
出演:クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
原題:The Zone of Interest|2023 年|アメリカ・イギリス・ポーランド映画|
© Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television Corporation 2023. All
Rights Reserved.
5 月 24 日(金)公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ