FC2ブログ

記事一覧

映画『風の奏の君へ』松下奈緒が演奏する特報解禁 杉野遥亮 山村隆太(flumpool)も出演

【ニュース】
松下奈緒主演映画『風の奏の君へ』(かぜのかなでのきみへ)は、お茶の名産地である岡山県美作(みまさか)地域を舞台に、この地を訪れたピアニスト・⻘江里香(あおえ・さとか)と、茶葉屋を営む兄弟をめぐる物語。

この度、ティザービジュアルと特報映像が完成。さらにヒロインの松下を奪い合う兄弟役の杉野遥亮、山村隆太(flumpool)の出演が解禁となった。 

解禁となったティザービジュアルには、主人公の⻘江里香を演じる松下奈緒の、どこか翳りのある横顔に「それは忘れられない恋だった」というコピーが添えられ、揺れ動く想いに戶惑うヒロインの切ない物語を予感させる。



里香と運命的な出逢いを果たす弟・真中渓哉(まなか・けいや)を、『キセキ ―あの日のソビト―』『東京リベンジャーズ』、大河ドラマ「どうする家康」や主演ドラマ「ばらかもん」など、今勢いのある若手俳優・杉野遥亮が演じ、「振り返ると岡山の自然の中でこの映画を撮影できて、とても気持ちよく、嬉しかったことを思い出します。」と思い出深く語り、「完成作をお届けできる事、良かったあ。と、思います。是非、劇場にて登場人物の魅力や岡山の自然を体感してみてください」と作品の期待感を抱かせるコメントを寄せた。

また、その兄で、過去に里香と何かしらの関係があったと思われる・真中淳也(まなか・じゅんや)を演じるのは、NHK 紅白歌合戦 に 3 回出場、国内アリーナ公演や海外でも単独公演を行うなど精力的に活動を行っている 4 人組ロックバンド・flumpool のボ ーカルで、俳優としても活躍し本作がスクリーンデビューとなる山村隆太。「歌唱時機能性発声障害」であることを公表し一時は音楽活動を休止するも見事復活を果たした山村は「淳也という役に、僕がこれまで生きてきた上での葛藤や挫折、故郷や人との出会いなど全ての経験を込めて演じました」「自分の大切な感情や許せなかった過去を再認識できて、物語の最後にかけては、淳也なのか山村なのかわからなくなるほど淳也にのめりこむ自身がいる感覚になりました」と役柄に自身の経験を重ねたことを明かし、「松下奈緒さんや、杉野遥亮さんに演技を通して引っ張って行ってもらう中で」と初共演の 2 人に感謝を述べ、「こんな未熟者にこのような機会をいただけて心から光栄に思います」と、この作品への出演を心から喜ぶコメントが届いた。

主演の里香を演じる松下奈緒からは「今作ではピアニスト役ということで自分自身と重なる部分も多く、やはり感情を揺さぶられる瞬間が 1 番美しい音楽になるのだと実感しました。美しい美作の風景の中で撮影できたことは演じる上でとても心強い 味方になってくれました」と、撮影地である岡山県美作の美しい風景に支えられたことを明かし、「里香は風のように現れて風のように去っていきます。その短い時間で彼女の残した証を感じ取っていただけると嬉しいです」と作品への想いを打ち明けた。松下演じる里香と兄弟のやるせない恋のトライアングルが、どのように展開されるのか、期待が高まる。



さらに今回初解禁となった特報映像では、ピアニストだからこそ自身とリンクするような迫真の演奏が本編でいかに活かさせているのかにも、注目だ。ロケ地となった茶畑の風景も確認でき、天空の茶畑とも呼ばれ、そこを訪れる人たちを魅了する隠れた名所。その美しい景色の中で、里香の命を燃やすような儚い恋を描く物語が垣間見える。


出演:松下奈緒 杉野遥亮 山村隆太(flumpool)
監督 脚本:大谷健太郎 
原案:あさのあつこ「透き通った風が吹いて」 (文春文庫) 
エグゼクティブプロデューサー:大和田廣樹 ⻲山暢央
プロデューサー:松井和彦 
ラインプロデューサー:梶川信幸
音楽:上田禎 撮影:藤本秀雄 ヘアメイク:⻑野一浩 山科美佳 (松下奈緒担当) 美術:寺尾淳 録音:清水雄一郎 編集:相羽千尋 助監督:副島正寛 照明:佐藤俊介 衣裳:宮本まさ江 スタイリスト:大沼こずえ(松下奈緒担当) 制作担当:木村利明 
脚本協力:市川榮里
制作プロダクション:TBSスパークル 
配給:イオンエンターテイメント
宣伝:ナカチカピクチャーズ 
製作:「風の奏の君へ」製作委員会
2024年/日本/5.1ch/ビスタ/カラー/DCP ©2024 「風の奏の君へ」製作委員会
初夏、公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ