FC2ブログ

映画『メインストリーム』主演・アンドリュー・ガーフィールド、38歳の誕生日を記念して新場面写真が解禁


【ニュース】

38歳お誕生日おめでとう! ハリウッド随一の怪演俳優がまたやった!『アンダー・ザ・シルバーレイク』を超えるブッ飛び演技とは!? アンドリューの七変化ぶりが垣間見える新場面写真を新たに解禁!!

38歳の誕生日を迎えたアンドリュー・ガーフィールド。
出演作の『ソーシャルネットワーク』や『ハクソー・リッジ』でアカデミー賞やゴールデングローブ賞の主演・助演男優賞へのノミネート歴を持ち、若手俳優の時から演技派として確固たる地位を築いていた。そんなアンドリューが新境地を切り開いたのが、日本でもカルト的な人気を誇る『アンダー・ザ・シルバレイク』だ。
彼は一目ぼれした直後に失踪した隣人を追う主人公を演じ、暗号や都市伝説の知識を駆使し妄信的に謎を追い続けていくオタク青年を見事に体現。身体を張った怪演が映画ファンの間でも話題となった。

批評家からも絶賛を浴び、怪演俳優として名を馳せたアンドリューだが、最新作となる本作では『アンダー・ザ・シルバーレイク』を超える怪演を披露!





本作では、元々は無名の青年で世捨て人のような生き方をしていたが、動画配信をきっかけに世間の注目を浴び人気YouTuberへと成り上がる主人公リンクを演じているが、いち早く鑑賞したマスコミ関係者からは、「ガーフィールドのはじけっぷりは、『アンダー・ザ・シルバーレイク』を更新している」「アンドリューがは本当にヤバい奴なのか?と錯覚するほど、危険な人物役がハマッている」など絶賛の声が続々と上がっている。

見所はアンドリューの七変化ぶりで、前半と後半の人格がまるで違う点だ。ネズミの着ぐるみでピザを売り、ゴキブリの格好でベビーシッターをする、神出鬼没な不思議ちゃんを演じたかと思えば、怪しげな探偵ルックに変装し、つまらない日常に嫌気がさしているヒロインを、さらいに来るなど、王子様的な表情も楽しませてくれる。
駆け出しのYouTuber頃も、水着で他人の豪邸に侵入、人騒がせな格好で街を闊歩する、などバリエーション多数。
ところが、YouTuberとして人気が高まりカリスマ化していくうちに、想像を絶する、狂気的な性格が浮き彫りになり、観る者を翻弄してゆく。

役に比例して、アンドリューの演技もエスカレートし、劇中でとある事件を起こした主人公が大衆に語りかける演説シーンはまさに迫真の演技そのもの。観客に強烈なインパクトを残すシーンとなっている。


監督・脚本:ジア・コッポラ (『パロアルト・ストーリー』) 
共同脚本:トム・スチュアート 
出演:アンドリュー・ガーフィールド マヤ・ホーク ナット・ウルフ
ジョニー・ノックスヴィル ジェイソン・シュワルツマン アレクサ・デミー コリーン・キャンプ 原題:Mainstream│2021 年│アメリカ映画│シネマスコープ│上映時間:94 分│映倫区分:G 配給:ハピネットファントム・スタジオ
コピーライト:©2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
10 月 8 日(金)より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR