FC2ブログ

映画『泣くな赤鬼』公開御礼台挨拶

【イベント】
映画『泣くな赤鬼』が6月14日より公開され、15日、公開御礼舞台挨拶が都内にて行われ、堤真一、柳楽優弥らキャスト陣が舞台挨拶に登壇した。堤演じるその高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれ、甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と思いがけない再会を果たす。 野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だったが、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。 厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を堤真一が演じ、教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈ご演じている。
 
舞台挨拶では映画公開(試合開始)を記念して<<赤鬼流>>始球式を開催。野球経験のある堤真一は見事な投球を披露。堤は初めに「雨の中足を運んでいただき誠にありがとうございます」とお客様を気遣い、公開を迎えたことに感無量な様子。今回ゴルゴの高校生時代を演じた堀家に対しても堤は「髪の毛があるから堀家くんてわからなかった(笑)」と緊張している若手俳優陣に話しかけ和やかなムードが続き、そんな若手俳優の堀家は柳楽の印象について聞かれると「好きになりました。笑顔が可愛くて...」と告白し、柳楽も「僕も好きになり ました(笑)」と相思相愛の返事に会場を笑わせた。
 
続けて、「堀家さんと武藤さんのシーンで橋の下でバッティングをするシーンでは、二人が本当に自然な演技をしていてすごくよかったです!」と絶賛。竜星も高校生時代を演じた武藤に対し「武藤君の演技を観てから僕は演じたので、本当に参考になったし、ほんと高校生なのに素晴らしかったです。」と互いに高校生時代を演じた堀家、武藤を褒め称えた。キムラ緑子との共演に対して聞かれた川栄は「以前ドラマで自分のお母さん役をしてくださっていて、今回の作品の中でもリハから全力で泣いたりできるすごい方」と語り、それぞれの撮影エピソードを披露。
 
また、堤に今、再会したい人はいますか?と尋ねると中学野球部だった時の監督を挙げ「二か月前に亡くなられていた、まだ生きていたら劇場で見てくれていたと思う」といい、兼重監督にこの人のことをすべて話し、実際演じる上でモデルにもなったことを明かした。また、そんな兼重監督に対して「監督はすごく優しいんです!怒らない、イライラしない、助監督よりも走る。」と続け、再び笑いを誘った。
 
自身も泣いたという本作に対して「今まで作り上げてきたことに対してってのもありますし、ここに登壇していない野球部 の若い連中とずっと一緒にいてそれが一つの作品になるってのも加味して感動しました。」と現場で一緒に野球部を作り上げた俳優陣のことも振り返っていた。また終盤に行われた公開記念始球式では MCからのプレーボールという掛け声に合わせて堤がボールを投げ、キャッチしたお客さんに舞台に上がっていただきキャスト陣のサインが入ったボールがプレゼントされ、堤が登壇したお客さんに「竜星君のファン?握手してもらいな」と竜星に誘導、横にいた柳楽が握手に割り込み、「またおまえ!」とコントを見ているかのように、笑いの渦に会場が包まれた。
 
そして最後に兼重監督は「僕の先生と言える先輩監督から教えて頂いたことは、目に見えることがすべてじゃない、目に見えないものを映像にするんだ。と教えて頂いてそれをいつも思いながら撮っています。今回は前半が劣等感とかを軸に描いた。そのあと夢や想い最終的に愛を描きました。目に見えない空気感みたいなものを皆さんに感じてお帰り頂けたら幸せです」、柳楽は「堤さんハグしてもらってもいいですか?」と話しハグされると感極まってしまった様子。「ばかやろう!笑」とツッコミを入れながらも感極まった堤。そして「若い人たちとお仕事ができて成長する ことができた。皆さんに広めて頂いて、少しでも多くの人に見てもらいたいです。」と思いを話していた。
(オフィシャルレポート・スチール)
 
公開中!

映画『泣くな赤鬼』堤真一メッセージ入り特別予告映像解禁

【ニュース】 
皆さんには、もう一度会いたい人はいませんか―? 

 

堤真一が優しく語りかける、特別予告映像が公開。ベストセラー作家・重松清が教師と生徒の関係を描き続けてきた短編集『せんせい。』所収の「泣くな赤⻤」を待望の映画化。

 



 


その高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、⻤の熱血指導から“赤⻤先生”と呼ばれていた。甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた⻩金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と再会する。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、立派な大人に成⻑したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤⻤先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤⻤先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、⻯星涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重淳。
 
今回、本作の主演を務める堤真一のメッセージ入り特別予告映像が解禁。余命宣告をされた元教え子・斎藤智之の「もう一度野球がやりたい」という最後の願いを聞いて、かつての“情熱”が動き出そうとしている様子が小渕隆の表情から読み取ることができる。また、「もう一度、会いたい人はいませんか?」と優しく語りかける堤真一の声に合わせて、 グラウンドにゆっくりとお辞儀をする後ろ姿がとてもマッチした、涙を誘う映像となっており、本作の公開に期待を高めている。
 
また、4月19日(金)より全国の上映劇場(一部の劇場を除き)にてムビチケが販売されることが決定。ムビチケ特典としてオリジナルミニタオル『汗と涙をふこう☆オリジナルミニタオル』が付き、必見のアイテムとなっている。
 
堤真一 / 柳楽優弥
川栄李奈 ⻯星 涼 キムラ緑子 麻生祐未
原作:重松清 『せんせい。』所収 「泣くな赤⻤」(新潮文庫刊) 監督:兼重淳 脚本:上平満 兼重淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント) 配給:KADOKAWA 制作プロダクション:松竹撮影所 ©2019「泣くな赤⻤」製作委員会
 
6月14日(金)全国公開
 

映画『泣くな赤鬼』麻生祐未、キムラ緑子、竜星涼ら追加キャスト発表

【ニュース】
『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松清。教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」を映画化。
赤鬼先生役堤 真一、ゴルゴ役柳楽優弥、ゴルゴの妻・雪乃役川栄李奈 に続き麻生祐未、キムラ緑子、竜星涼ら追加キャストが発表された。提真一演じる主人公・赤鬼先生こと小渕隆の妻・小渕陽子役に、実力派女優・ 麻生祐未。時に厳しく、時に優しく、夫を支える妻を見事な安定感で演じる。柳楽優弥演じるゴルゴの母・斎藤智美に演技派女優・ キムラ緑子。余命半年の息子を支える母親という難しい役どころを熱演。そして、かつて城南工業でゴルゴと共に甲子園を目指した、和田圭吾役に、竜星涼が演じる。
【麻生祐未コメント】
兼重監督との撮影は、とても楽しく、幸せな時間になるので、是非参加したいと思いました。先生と生徒の物語ですが、親、子供、友人、指導者など様々な立場から、どう人と繋がっていくのか、普遍的なテーマですので、大切に演じたいと思い、撮影に臨みました。主人公、そして夫役の堤さんは、全員を受け止めてくれるような頼もしい方で、キレよく、面白く、時々可愛い赤鬼でした。愛に溢れる映画です。様々な人と出会い向き合っていくのは、時に難しいこともありますが、必ず何か方法があるはず、と感じさせてくれます。もしかしたらあの時、あの人は?と、思い出してしまうかも。周りの人に優しく接したくなるような作 品です。是非公開を楽しみにして頂きたいです。
【キムラ緑子コメント】
初めてご一緒する監督でしたので緊張はありましたが、アイデアを自由に相談してくださったり、とても柔らかい気持ちで撮影に臨めました。監督のお人柄でとても良い雰囲気の現場でした。柳楽さん演じるゴルゴの母親役―お会いするのも初めてだったので、彼が息子なんだと、そのシチュエーションをイメージして、、、ただそれだけを大事に演じました。台詞を真っ直ぐにぶつけて くださり、とても繋がれたと感じています。公開をご期待ください。
【竜星涼コメント】
まず脚本を読ませていただき、即この作品の一員になりたいと思いました。1番大事な青春時期、その時の思い出はどの時代より濃く残って大人になっていくのではないでしょうか。青春時代のやり残したこと、言いそびれた言葉、この作品を通して少しでも自分が表現できればと思いました。そして出来上がった映像を観て、改めてこの作品の持っている人間ドラマに感動し、この作品に参加できた事を誇りに思っています。公開を是非楽しみにしていてください。
城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導でかつては「赤鬼」と呼ばれていた。 その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、その夢は一度として叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野 球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築き、立派な大人に変貌していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。 赤鬼はゴルゴのために、かつて彼が挑むはずだった甲子園出場を賭けた決勝戦の再現試合を企画する。10年という歳月を経て、それぞれの秘めた思いを胸に、ゴルゴにとって最後の試合が行われるのであった―。
堤真一 / 柳楽優弥
川栄李奈 竜星涼 キムラ緑子 麻生祐未 原作:重松清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重淳 脚本:上平満 兼重淳 配給:KADOKAWA 制作プロダクション:松竹撮影所 ©2019「泣くな赤鬼」製作委員会
6月14日(金) 全国公開

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR