FC2ブログ

2071年の仮面ライダー現る!?『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』12月17日公開! ティザービジュアル・超特報が初解禁


【ニュース】

仮面ライダー 50 周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレー ションズ』12 月 17 日(金)に公開が決定!!

テレビ朝日系にて絶賛放送中の仮面ライダー生誕 50 周年記念作品『仮面ライダーリバイス』を中心に、半世紀にも及ぶ仮面ライダ ー史を揺るがす、今までのすべてを超越(BEYOND)した予測不能な物語が 2021 年の冬、誕生する。放送中の『仮面ライダーリバイス』とは、主人公の五十嵐一輝(前田拳太郎)が自分の家族を守るために、一輝に宿る悪魔のバイス(声・木村昴)と契約を結び、一輝は仮面ライダーリバイに、バイスは仮面ライダーバイスに変身し、人間と悪魔がバディを組んだ“一人で二人”最強コンビの仮面ライダーだ! 公開決定に合わせてティザービジュアルと超特報映像が初解禁!!

ティザービジュアルは「時代を超えた、100 年に一度の変身」という“これまでにないスペクタクル感”を感じさせるキャッチコピー、各時代を背負い戦ってきた仮面ライダー達の勇ましい姿、そして 1971、2021、2071 の 3 つの数字が特徴的な躍動感&疾走感あるビジュアルだ。1971、2021、2071 の数字は西暦を表し、「2021」には 2021 年現在放送中の「仮面ライダーリバイス」の仮面ライダー リバイ(左)と 8 月まで放送していた仮面ライダーセイバー(右)の2体が並び、「1971」には 1971 年 4 月 3 日より TV 放送を開始した誰もが知る、当時の仮面ライダーの姿が見られる。その一方、「2071」には怪しげな光を放ち、シルエットで浮かび上がる謎の仮面ライダーが!? 3世代対決か!?はたまた、時代を超えての共闘か!?期待と想像 が膨らみ、1971 年、2021 年そして 2071 年へと、100 年間に渡る壮大なストーリーを予感させている。



「2021 年冬――壮大なスケールで描かれる超大作、誕生。」と、超大作かのようなセンセーショナルなテロップ&音楽で始まる特報映像。仮面ライダーたちのアクションシーンや壮大な爆発シーンが続くのかと思いきや ...場面は一転!光が飛び交う近未来的な空間に現れた、いつもと変わらない様子の仮面ライダーリバイ(左)と仮面ライダーバイス(右)。お調子者のバイスは早くも映画化に浮かれながら「マジかよ!俺っちが主役だってー!」とはし ゃぎます。「おい!ちゃんと宣伝するって約束しただろ!」と呆れながら突っ込む冷静なリバイ。懲りないバイスはし まいには「みんな聞いて!~今度の映画はね~100 年後の未来から 50 年前の...」と、特報映像でネタバレを始めようとする前代未聞の事態に! 「バイス!それはネタバレっていうんだよ」とリバイが止めに入り、なんとか阻止に成功しましたが、その後も「もっ とネタバレした~い!」と駄々をこねるバイスにリバイが「すんなっ!!!」とツッコむなど、仮面ライダーリバイ& 仮面ライダーバイスによる、息ぴったりでコミカルな掛け合いが堪能できる 30 秒の超特報映像となっている。


「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会 c石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
12月17日(金)全国公開


20211020125812.png

豊川悦司×中村倫也『NoActivity/本日も異状なし』特報、キービジュアル解禁!! 監督・英勉、脚本・シソンヌじろうが描く新感覚コメディ刑事ドラマ!

【ニュース】
連続ドラマ『No Activity/本日も異状なし』を 12 月 17 日(金)より、Amazonプライム会員向けに独占配信!!本作の配信決定とキャスト/スタッフ陣の情報が解禁。併せてキービジュアル特報映像も解禁となった。

『No Activity/本日も異状なし』は、Amazon Prime Video だからこそ実現した、豪華なキャスト/スタッフ陣で贈る、 新感覚のコメディ・刑事ドラマ。出世を諦めた万年ヒラ刑事の時田信吾(ときた しんご)と、人たらしな新米刑事・椎名遊(しいな あそぶ)のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、ありえないような騒動を描く。

刑事ドラマ史に新たな名を刻む、型破りなバディが誕生!




公開された映像には、大規模な麻薬捜査に張り込む時田と椎名の姿が映し出されています。トラックに積み込まれる怪しい荷物、車の間を猛スピードで縫うように走る警察車両、そして銃を片手に突入する椎名。これからどんな壮絶な展開が待ち受けているのかと思ったその時、緊迫感をぶち破るようにクラクションを鳴らしてふざける時田の姿 が映し出されます。緊張感溢れる刑事ドラマかと思いきや、犯罪捜査そっちのけで盛り上がる 2 人の姿に、全く先の読めない展開を予感させる映像となっている。 併せて解禁となったキービジュアルには、キメ顔で警察車両に乗り込む時田と椎名の 2 人が描かれている。マンガや競馬新聞、お菓子の袋やルービックキューブが散乱し、規律の厳しい警察官が乗る車とは思えませんが、これまで見たこともない型破りなバディらしい注目のビジュアルだ。

本作の主人公 時田信吾は、敏腕刑事のように見えるが、実は昇進とは無縁の警視庁のお荷物刑事。捜査の現場でもやる気を見せず、謎の迷言を次々と繰り出しながら人を煙に巻いてゆくダメ刑事ですが、何故か憎めない人間味あふれるキャラクター。時田役を演じるのは豊川悦司。日本アカデミー賞を含む数々の映画賞を受賞し、高視聴率を記録した連続ドラマ『愛していると言ってくれ』(95)や『青い鳥』(97)などの出演で不動の人気を築いた。来年公開の主演作『弟とアンドロイドと僕』をはじめ、数々の映画、テレビドラマ、CM など長きにわたり第一線で活躍し続けている豊川が新たに魅せる“迷刑事”ぶりに注目。 そして時田とバディを組むことになる椎名遊は、自動車学校の教官から警察に転職してきた異色の新人刑事。聞き上手で人たらしな一面を持ち、ベテラン刑事の時田もつい本音を漏らしてしまうほど。椎名のお陰で時田の愛すべきダメさ加減は一層加速してゆきます。椎名役を演じるのは、映画『水曜日が消えた』(20)、連続ドラマ『この恋あたた めますか』(20)、『凪のお暇』(19)等数多くの映像作品で幅広い演技が定評の人気俳優・中村倫也。連続テレビ小説『半分、青い。』(18)の好演でお茶の間を賑わせた 2 人が、刑事ドラマ史に新たな名を刻む、魅力あふれる 凸凹バディが誕生!!

監督には映画『ヒロイン失格』(15)や大人気シリーズ『賭ケグルイ』の実写映画、若者を中心に大ヒットした『東京リベンジャーズ』(21)でメガホンを取った英勉監督。そして本作の脚本を手掛けるのは、映画『甘いお酒でうがい』(20)、 映画『美人が婚活してみたら』(19)や、ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』(21)の脚本を務めた、“キングオブコン ト 2014”の優勝者であり、コント職人としても有名なお笑いコンビ・シソンヌのじろうが担当する。

Amazon スタジオ アジアパシフィックの責任者であるエリカ・ノースは、次のようにコメントしている。
「『No Activity/本日も異状なし』は、見ていてワクワクする斬新な刑事ドラマです。人気・実力ともにあるキャスト陣と、 今最も注目を集めているスタッフと共に本作に命を吹き込み、皆様にお届けできることを光栄に思います。個性溢れ る登場人物と彼らが繰り広げるユーモラスなやり取り、予想外の物語を是非お楽しみください。」

主人公の時田を演じた豊川悦司は、「じろうさんの脚本がとても面白く、台詞一つ一つに説得力がありました。相方が中村倫也さんだったこともあり、とても楽しそうな企画で是非参加したいと思いました。登場人物たちのユーモア溢れる掛け合いを楽しんでください。」

椎名役を務める中村倫也は、次のようにコメントしている。 「刑事ドラマなのにほぼワンシチュエーションの設定で、どうしようもない会話だけで物語が進んでいくという日本では珍しい作品だと思います。この作品であれば楽しそうなことできるなと思いました。豊川さん演じる時田とのちょっと変わったバディ感を楽しんで下さい。」

監督を務める英勉氏は、「じろうさんが苦労して書かれた脚本が素晴らしく面白かったです。俳優陣の演技も素晴らしいので、これまでにない刑事ドラマに仕上がっていると思います。ぜひご期待ください。」

そして脚本を務めるじろうは、「豪華なキャストの方々に出演していただけることを知った時、“とんでもない案件に関わってしまった...”、と畏れおののきました。個性の強いキャラクターたちの会話劇を、監督がどのように仕上げてくれたのかが楽しみでなりませ ん。」

日本を代表する俳優陣と、今を賑わすスタッフが手を組んで誕生した本作。これまで見たことの無いような型破りな新感覚刑事ドラマ『No Activity/本日も異状なし』は、12 月 17 日(金)Prime Video にて独占配信!!

話数: 本編 6 話一挙配信 
出演:豊川悦司、中村倫也、他
監督:英勉 脚本:じろう(シソンヌ) 
©2021 Amazon Content Services LLC
12 月 17 日(金)より Prime Video にて独占配信スタート

田中みな実、初主演作に「結婚できない、しないの映画ではない。誰かの背中を押す映画」映画『ずっと独身でいるつもり?』完成披露イベント開催

【イベント】
10月19日、本作の完成を記念し、完成披露試写会を都内にて実施。舞台あいさつには主演の田中みな実をはじめ、市川実和子、松村沙友理、 徳永えり、稲葉友、ふくだももこ監督が舞台あいさつに登壇した。
冒頭のあいさつで田中は満席の会場を見渡しながら「たくさんのお客さんにお越しいただいてすごく幸せです。お金を払っ て時間を作って、映画を観に来ていただけることがこんなに素晴らしいことなんだとはじめて実感しています」と笑顔を浮かべた。市川は「これからご覧になるということで、お楽しみに!」と呼びかけた。松村は「作品が大好きという想いを込めた映画です。(今日の試写会で)一足早く観ていただいたみなさんの反応が気になります」と興味津々の様子。徳永は 「私自身、お客様を入った舞台挨拶は数年ぶりです。お客様がいてこその映画なんだと感じています。本当にうれしいです」 と微笑んだ。

稲葉も来場者の顔を見渡しながら「こちら側から見える景色にグッときています。この景色が当たり前ではなくなった今、こうやって映画を届けられる日が来たことをうれしく思っています」と感謝を述べた。ふくだ監督は「久々にこういう景色が見られて......」と溢れる涙を堪えながら、「昨年も監督した映画が公開になったのですが、舞台挨拶は 1 度もありませんでした。1 度もお客様の顔を見られなかったので......」と言葉につまる場面も。「お客様の顔があり、スクリーンがあり、作品を観て気持ちを持ち帰ってもらうのが映画です。本当にうれしいです」と涙ながらにあいさつをするふくだ監督に会場からは大きな拍手が贈られた。

映画初主演について田中は「主演と言っても名ばかりです。これは、4 人の女性の話です。撮影もそれぞれ行ったので、本読みのときと今日で、ようやくみなさんとお話ができました」と登壇者の顔をそれぞれ覗きこみながら、うれしそうな表情を浮かべていた。役作りは特にしなかったという田中は「(演じた)まみとは 30 代半ばの独身で働いている女性という共通項で一緒くたに扱われてしまいがちですが、まみと私を切り離してご覧いただいたほうが、(映画が)観やすいかなと思っています」とコメント。続けて、「“田中さんの人生そのままですね”、とか“田中さんのままですね”と言われることも多いので、そういう感想を持つ方は多いかもしれませんが、似ていないと思います」と改めて役と自身との違いを笑顔で指摘した。似ていないキャラクターでも、共感できるところはあった模様。「私も 20 代後半くらいのときには、結婚をひとつの逃げ道として考えたことがあったなと懐かしく思ったりもしました。今は、結婚したくないとも思っていないし、しないと 決めているわけでもありません。自由であっていいはずで、たくさんの選択肢があっていいのに、決めつけられてしまった り、周囲の雑音にとらわれてしまうことが多いと感じている部分は、共感できると思いました」と説明し、「映画を観て、自分の生き方を肯定できる気持ちになっていただけたらうれしいです」と気持ちを語った。

SNS で自分の思いを吐き出すキャラクターを演じた市川は「すごく性格の悪いキャラクターなんです。飾らずに思い切 り、剥き出しのままに演じました」と笑顔を浮かべつつ「地なのか、そうではないのかはわかりません。とにかくとても性格の悪い役なのですが、その性格の悪さに惹かれてやってみたい!という気持ちにもなりました」と振り返り、「ヒール的な 感じなのかな?」と由紀乃の役割を解説。「そういうキャラクターも楽しんでしまうタイプなので、よろこんで挑みました」と 役への想いを明かした。

原作にはないキャラクターを演じた松村は撮影を振り返り、「全部、印象に残っています。撮影はとても大変でした」とふ くだ監督の顔を覗き込む。ふくだ監督の「松村さんが真剣に美穂という役に向き合っている姿が見られて良かったです」 という言葉に、「必死な気持ちでいっぱいで、あのシーンはこうでした、このシーンはあんな感じでした、と丁寧に振り返ら れる余裕がなかったです」と答えながらも「美穂とともに私自身も成長できました。監督とたくさんお話しながら、作り上 げていった役です」と胸を張った。

徳永は「監督が私の子ども役の赤ちゃんを、すきあらば抱いたり、ほっぺをぷにぷにしたりして過ごしていました」と撮影時のふくだ監督の行動を嬉しそうに暴露。演じた彩佳については「結婚もして、出産もしていて、傍から見たらとても幸 せに映るし、彼女自身も幸せだと思っています。でも、周りからは見えない寂しさや、悲しさを持っているキャラクターです。そんな気持ちを持っていることをはっきり表現するわけではないけれど、監督が理解して掬い取ってくれた気がしま す」と明かした。

演じたキャラクターについて稲葉は「男の人の“そういうとこあるぞ”という要素が、6、7人分入っている気がします」と解説。「僕の役の言動にいろいろな感情が湧くと思いますが、楽しんでもらえたらうれしいです」と呼びかけた。稲葉の演技に対し田中は「リアリティ溢れる感じで、端々で女性を傷つけるような言動をするんです」と振り返り、「“何がいけない の?”と感じる男性もいると思うし、女性はモヤモヤっとするところがすごく分かると思います。それを稲葉さんが見事に 体現しています」とアピール。そんな田中に「(モヤモヤするのは)役がですよね?」と確認し、笑いを誘っていた。

稲葉は田中との撮影の前に「田中さんの写真集を見たり、ラジオを聴きました」と明かす。その理由は「(田中が)どうい うスタンスで現場に来るのか分からなかったから」だという。「恋人という設定上、フラットな関係ができればいいなと思 っていました。実際の田中さんは、居心地のよい空気を作ってくださり、すごくやりやすかったです」と振り返ると「無理に褒めなくてもいいですよ」と田中が謙遜する場面もあった。 産後半年ほどで撮影に入ったというふくだ監督は「朝は早いし、夜は遅い。慣れないこともたくさんやっている時期だったので、現場でグダグダなときもたくさんありました」と反省しつつ、「キャストの方に助けてもらいました」と感謝を伝 えた。「完成した映画を観たスタッフから、“自分のことかと思った”“すごく良かった”と共感の声をたくさんいただきまし た。作品を俯瞰して観ることも大切だと学びました」と語った。

田中については「プロフェッショナルという感じです。脚本の打ち合わせで会って、たくさん話をしました。田中さんがキャラクターについていろいろと話してくださったことが指針 になり、まみの軸が出来上がりました。田中さんだからバシッと決まった部分があり、とても心強かったです」と満足の表 情を浮かべた。田中は「映画の現場は、灰皿とか投げられるのかな、なんてイメージもありましたが、とてもあたたかい空 気に包まれていました。スタッフさんの“監督についていきます”という気概を感じつつ、ほっこりする現場でした」とふく だ組の現場の様子を明かした。

最後のあいさつで、田中は「結婚できない、結婚しないという話の映画ではありません。それぞれの生き方、選択があっていいのではということを描いています。自分の歩んでいる人生において、少しでも背中を押してくれる作品になれたら幸いです。キャスト・スタッフ一同がんばって作った作品なので、楽しんでいただけたらうれしいです」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。
(写真・オフィシャルレポート)


映画 『ずっと独身でいるつもり?』は、11月19日(金)全国ロードショー

桜井玲香、初主演映画お披露目に「嬉しいような恥ずかしいような なんとも言えない気持ち」映画『シノノメ色の週末』完成披露イベント

【イベント】
10月19日、映画『シノノメ色の週末』完成披露イベントが都内にて実施され、主演の桜井玲香をはじめ、キャスト陣が揃って舞台あいさつに登壇した。
登壇した桜井はまず「最近本当に寒くなってきましたね。寒い中本日はお越しいただき、ご鑑賞いただきありがとうございました。」と全国的に今季一番の寒さとなる中で来場した観客へ、気遣いを忘れずにあいさつ。続く岡崎は「こうして皆さんに満席にして頂いているというのは嬉しいし感動しています。」、三戸は「裏で曲が流れた時にちょっと泣きそうになりました。本当にこの日を迎えられて良かったなと思います。」と初めて本作を鑑賞した観客を前に、感慨深げな表情をうかべた。

今回現役の高校生の役を演じた中井は「皆さんと一緒にこの場に立てていることがすごく嬉しいです。」、そして唯一の男性キャストである工藤は「無事に皆様のところにお届け出来て、見て頂けて本当に心から感謝しています。」とあいさつ。最後に本作のメガホンをとった穐山茉由監督は「このような形で完成披露イベントを行えるというこ とを本当にありがたく思っています。」と晴れやかに語った。 


本作が映画初主演となる桜井は作品について聞かれると「ついに公開された、皆さんに見てもらった、という嬉しいような恥ずかしいような何とも言えない気持ち。」と率直に気持ちを表現。また「グループ時代もいろんな経験をさせて頂いていたんですが、一人になって改めて、 リスタートという気持ちです。全て初心の気持ちで日々学ばせて頂いているなと思っているんですが、そんな中で今回こうして主演の映画 というものに挑戦させて頂いて、本当に幸せ者だなと思います。皆さんに支えてもらっているから今ここに立てていると思っているので、これ をきっかけにまた頑張っていきたいなと思います。」と決意の気持ちを覗かせた。自身も女子高出身だという穐山監督は「女子高って結構、怖そうとかギスギスしてそうっていうイメージを持たれたりするんですが、本人たちはすごく平和だったり、ほのぼのとした空気を過ごしてい たりするんです。そういうイメージとのギャップをもう少しリアルに描けないかなというのがあって。それを学生時代として描くのではなくて、30 歳に差し掛かる、20 代後半の女性の悩みみたいなのも含めて描けたらなと思って」と自身の経験から本作品の着想を得たことを語っ た。 今回劇中で制服姿を披露していることに話題が及ぶと岡崎が「ドキドキしてました...!」と即答。

桜井は「え、本当?」と返したのに対し、三戸は「私は楽しみでしょうがなかった!」と三者三様に答えるさまはまるで劇中の3人組が飛び出してきたかのような安定感だった。 桜井はさらに「高校生の役として着るのではなく、20 代後半として着る、だったから割り切れた」と答えると岡崎も「確かに!学生に見え なくてもいいんだっていう、その安心感はあったかもしれない!」と同意。制服トークも盛り上がりを見せた。

話はその後、それぞれがどのような高校生だったかという話題に。桜井は「私は美玲とは真逆というか、目立っている女の子では無かったで すね。校則も厳しかったので、そんなにおしゃれをするわけでもなく普通の子でした。あ、でも高校2年生で乃木坂に入ったので、そのあとは乃木坂漬けでしたね」と芸能活動と両立をした高校生活を振り返った。岡崎は「日々をいかにどう楽しむかということに頭をフル回転させている学生でした。文化祭だったり体育際だったりイベントごとをみんなでわいわい楽しんだりっていうのはもちろんなんですけど、4 時間目のチャイムがなったらすぐ購買に走って、人気の肉まんを勝ち取る、とか(笑)」と思い出を語り、三戸は「食堂のソファを陣取って寝てまし た。3 年生になるとソファが使えるんですよ、やったーソファ使えるって!部活をやってなかったんで暇だったんですよね。」と高校時代を暴露 し笑いを誘うなどまたしてもそれぞれの個性が発揮されていた。

今回、一人だけ現役高校生の役を演じた中井はそんな3人を見て「この 3 人の先輩が、私の高校の先輩に居たら楽しいだろうなって。いい高校生活を疑似体験出来た感じです。」と嬉しそうに語った。一方の工藤は「毎日朝から晩まで部活動でしたね。テニスをやってたんですけど、朝5時に起きてランニングして、朝ごはん食べて学校に行き、 朝練をして、2限目のタイミングにはお弁当が無くなり、お昼は学食にみんなで行って...。」その後も夜まで何度も食事をとるエピソードが 続き、とにかく良く食べていた学生時代だったと語ると、周りの女性陣たちはびっくり!「でもその分動いていたので、どんなに食べても太らな かったですね」と言うと観客からはうらやましそうなリアクションも見られた。 そして穐山監督ならではとも言え、今回の作品にも多数ちりばめられている「女子あるある」。劇中での「女子あるある」について聞かれる と桜井は「美玲は、マリリンとぶつかるじゃないですか...マリリンが色々、現実はこうよって色々教えてくれるという。それを遠回しにいう感 じ!あれは女子ならではかなって」と、とあるシーンを振り返り、三戸は「10年会ってなくて久しぶりに会って、それでも気まずくなく居れる ところは女子の対応力の賜物なのかなって思います。」と劇中で10年ぶりに再会した役どころについて語った。また、中井は「廊下を走 るシーンの時に、美玲ちゃんとマリリンはヒールを脱ぐんです。普段着飾っているけれど、女子同士だから楽しむときは全力で楽しむ。あのシーンがすごく好きです」と自身が出演していないシーンを羨むように挙げた。

MC が工藤にも問いかけると「え?僕に聞きます...?」と戸惑 うような表情を見せ会場の笑いを誘い、その後も「なんとなく...女性って...女性だけじゃないかもしれないですけど...怖いですね。余計なことを言ってしまわないように」などと慎重に言葉を選びつつも、最終的に「女性から相談したいことがあるんだけど、と言われた時に、本気 で答えたらだめだっていうこと。とにかくまず聞いて、頷き、僕もそう思うって一言言う。彼女たちのなかで、実は答えが決まってるじゃないで すか。女性は特に自分の中でこうしたい、こうしなきゃって思っているときに、誰かに背中を押してもらって動くのかなと。男って単純で、これ がいいよ、とか言われるとすぐそっちに意見が変わっちゃったりするので」と男性目線での回答。これには穐山監督も深く頷き、「その通りです。もう答え決まってるんですよね。ただ聞いてほしいんですよね。」と工藤と見解を褒めたたえた。 

最後に桜井は「今日見て頂いた女の子3人の会話や空気感というのは、本当に女子高出身あるあるって感じなんです。女子高出身の 私でもそう思うくらいリアルです。女子高に居なかった皆様もちょっとだけその様子をのぞき見れるような、そういう作品になっています。あとは、コロナ禍でご自身と向き合う時間というものがあったと思うんですけど、この映画にもそういうメッセージも含まれているので、明日からちょっとだけ、半歩だけでも前に進んでみようかな、という気持ちで今日帰っていただけると嬉しいです。」と締めの挨拶。穐山監督は「主人公の美玲ちゃんも、3人とも20代後半で色々と壁にぶちあたっていく世代だと思うんです。その時のことを私もふりかえって書いたりしました。もちろんその世代じゃなくても、人に知られたくないような感情だったり、見られてちょっと嫌な部分とか、心当たりがあると思います。そ ういうのが本当はすごく人間らしくて愛しい部分だというのを表現したいと思っているので、そういうふうに感じて頂けると嬉しいです。」と、悩みを抱える全ての人にエールを送るような思いと言葉でイベントを締めくくった。
(写真・オフィシャルレポート)





出演:桜井玲香 岡崎紗絵 三戸なつめ/中井友望 山田キヌヲ/工藤阿須加 監督・脚本:穐山茉由
主題歌:佐藤ミキ「東雲の空」(SACRA MUSIC)
制作プロダクション:ダブ
配給:イオンエンターテイメント
©2021 映画「シノノメ色の週末」製作委員会
11月5日(金)全国ロードショー

『君と世界が終わる日に』新たな衝撃が襲う!シリーズ“最狂”のSeason3、2022年2月25日、Huluにて独占配信!!

【ニュース】

極限世界を襲う新たなる衝撃!ゾンビサバイバル、待望の新シーズン始動!!

生きる屍=ゴーレムに占拠された死と隣り合わせの“終末世界”を舞台に、主人公・響(竹内涼真)と恋人・来美 (中条あやみ)らが、生き残りを懸けた闘いに身を投じる極限のゾンビサバイバル『君と世界が終わる日に』。2021 年 1 月に日本テレビにて放送された Season1 では、日本の地上波ゴールデン帯連続ドラマ初となる本格 ゾンビ作品に注目が集まりました。ある日突然、ゴーレムによって日常を奪われた人々の過酷なサバイバル、 プロポーズ直前に引き裂かれてしまった響と来美のラブストーリー、ゴーレムウイルス開発者の謎を解くミステリ ーと、3つの軸が絡み合う“究極の人間ドラマ”が描かれている。

続いて、Hulu で独占配信された Season2 では、来美がゴーレムウイルスに感染していたという衝撃の展開から 幕を開け、新たなコミュニティであるシェルター「希望の家」を舞台にした生存者同士の闘い、ゴーレム化が進む 来美の記憶障害、愛する人が続々と倒れていく極限のサバイバル、謎の集団 X の存在など、ゴーレム惨禍の中、数々 の死闘が繰り広げられました。ゴーレムとの壮絶なアクションシーン、すれ違い続ける響と来美の切ないラブスト ーリー、緊迫した状況下での人間ドラマが大きな話題を呼んだ。
さらに本作は、Season2 単独で「Hulu 2021 年視聴人数 No.1(※)」を記録しており、現時点で、今年 Hulu で配信された全ジャンルの中で最も多くの人に観ら れた作品として絶大な人気を誇っています。※2021 年 1 月~9 月の配信作品



待望の Season3 が、始動!! 

2021 年 10 月下旬撮影開始!

Season1、2に続き主演を務める間宮 響役の竹内涼真は Season3に向けて「前作を超えるくらい、絶対に面白い物を作るとスタッフの皆さんと共有しています」と力強くコメント。座長らしく「今回のテーマである「信じ る」とは何なのかということを僕自身が一番に背負って演じていきたい」と語り、気合いも充分。 そして、Season1、2のサバイバル禍を生き抜いてきたレギュラーキャスト陣の続投も決定。Season3 では、中条 あやみ(来美役)、笠松将(等々力役)、飯豊まりえ(佳奈恵役)、玄理(ジアン役)、小久保寿人(坪井役)、横溝菜帆(結月役)らが再び、それぞれの想いを胸に闘いに身を投じていく。シーズンを重ねるごとに、強く逞しく なってきた生存者たち。新シーズンで生き残ることができるのは誰なのか――。新たな活躍に期待が高まる。

新世界、儀式、覚醒、マリス、継承―― ゴーレム惨禍での生存者同士の争いが激化!ついに、禁断の扉が開かれる Season2 のラストでは、ゴーレムウイルスに感染し、響との子供を身籠る中姿を消した来美と、彼女を探す旅に出ることを決意した響。Season3 ではその 10 か月後からが描かれる。ゴーレムに占拠された世界は今、どうなっているのか――?「妊娠しながらもゴーレム化が進んでいた来美は生きているのか――? 響と結月(横溝菜帆)がたどり着いた先に待ち受ける、さらなる過酷な運命とは――? 新たな謎、新たな敵、新たな世界で生まれるのは、愛か、狂気か――禁断の扉が開かれる。

          

 【Season3 出演者コメント】

間宮 響(まみや ひびき)役 竹内涼真コメント
Season3製作決定の話は、Season2 の撮影の終盤に聞きました。率直にまたこのメンバーで集まれること はすごく嬉しいですし、日本のドラマで 3 シーズンに渡って続編を作るということはなかなかできること ではないので、一つの挑戦でもあると思いました。 Season3では、「前作を超えるくらい、絶対に面白い物を作る」ということをスタッフの皆さんと共有して いますし、今回のテーマである「信じる」とは何なのかということを僕自身が一番に背負って演じていきた いなと思います。登場人物たちが1つの目的に向かってこの世界を必死に生き抜く姿や、人間の泥臭さみた いなものを1話1話しっかりと表現していければ、また Season3のラストでステキな終わり方ができると 思います。 前作から期間が空いて、また以前の響に戻るという作業は難しい部分もありましたが、現在準備が整ってき ています。配信まで楽しみにお待ちください。

小笠原 来美(おがさわら くるみ)役 中条あやみコメント
みなさんがずっと楽しみに待って下さっていた「君と世界が終わる日に」Season3 がついに始まります!! お腹の中の命と希望の家に残された命を守るため 1 人で出て行くことを決めた来美は、ゴーレム化が進む 中、母親としてどう大切なものを守っていくのか、新しい場所でどうやって生き残っていくのか、また響と 再び幸せな日々を送れるのか、来美もきみセカもパワーアップした新たなストーリーを楽しんでいただける と嬉しいです。 これまで以上にゾクゾク!ハラハラ!する生き残りをかけた「人間」ドラマと感動をお届けできるように、 新しいメンバーを含めたキャストの皆さまと共に力を合わせて撮影ができたらなと思います。

等々力比呂(とどろき ひろ)役 笠松将コメント
Season3!
まずは引き続き参加させていただけることを光栄に思います。
Season1、Season2 を超えて、より面白く、ワクワクドキドキできる作品を、きみセカチームみんなで作 ろうと思います。また等々力とサバイブするのが楽しみです。
SNS でファンの皆様より、『いつ撮影はじまりますか?等々力は生きてますか?』と沢山のメッセージを頂いておりました。やっと言えます、これから撮影頑張っていきます。

柊佳奈恵(ひいらぎ かなえ)役飯豊まりえコメント
去年は、男子陣を見習って現場とトレーニングジム通いの日々でした。これ以上何が起こるんだろうと、次々と壁が立ちはだかってくる現場なので足腰をとにかく鍛えて今回も臨みたいと思います。 再び佳奈恵ちゃんを演じられることも嬉しいです。誰かと一緒に守り抜きたいと、彼女なりの生きたいと いう決意表明だったので、今回も彼女を信じて Season3 も突き進みたいと思います! きっと生き抜いてくれると信じています、楽しみに待っていてください!

ユン・ジアン役 玄理 コメント
一人の人物をこんなに長く演じるのは私自身初めてかもしれません。
Season1 では唯一の肉親を失い、Season2 では自分を想ってくれた人を失ったジアン。
Season3 では誰も死なせない覚悟で闘いたいです。 再びあの大量のゾンビに追いかけられるのか...と思うと震えますが、スタッフ・キャストの皆に再会できる のを心から楽しみにしています!

坪井(つぼい)役 小久保寿人コメント
いよいよ始まりますね! あの世界に入って、もう一度皆と芝居が出来ると思うと今から楽しみで仕方ありません。まさか自分が ここまで生き残るとは...奇跡です(笑)
刀集団では一人ぼっちになってしまいましたが、Season3 でも彼(坪井)らしくブレずに邁進していくと思うので、僕も負けじと気合いを入れて楽しみながらサバイブしていこうと思います!
   
三原結月(みはら ゆづき)役 横溝菜帆 コメント
前作に引き続き、きみセカチームに参加できること、とても嬉しく感激しています! 響くんやお母さん達に守られてばかりで、弱かった結月ですが、これからどう成長していくのか、私自身もすごくワクワクしています。しかし、台本が手に届くまで、誰が生き残っているのかわからないので、ドキドキする日々もまた始まります。響くん達と一緒にゴーレムを倒せるように、私も体力作りをして、アクションも頑張りたいです!


脚本:丑尾 健太郎
音楽:Slavomir Kowalewski A-bee
制作:福士睦 長澤一史
チーフプロデューサー:加藤正俊 茶ノ前香
プロデューサー:鈴木亜希乃 高橋浩史 伊藤裕史 白石香織
協力プロデューサー:岩崎 広樹
演出:中茎強 菅原伸太郎 保母海里風
制作協力:日本テレビ 日テレ アックスオン
製作著作:HJ ホールディングス
Season3 2022 年 2 月 25 日(金)から Hulu にて独占配信

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR