FC2ブログ

演劇の毛利さん-The Entertainment Theater Vol.1『天使は桜に舞い降りて』2022年1月 東京・愛知・大阪にて、上演決定!!


【ニュース】
2021年1月に “Vol.0”公演と題して、サンテグジュペリの「星の王子さま」、「夜間飛行」をミックスし、それぞれの登場人物が入り乱れるファンタジー作品、音楽劇「星の飛行士」を上演。またコロナ禍における演劇 の新たな試みとして、その音楽劇と同時に、原案の「星の王子さま」「夜間飛行」の2作を毛利の脚本・演出としてアレンジし、朗読劇を展開し、3本の異なる作品が会期中、上演される実験的な公演としても話題になった。

演劇の毛利さん–The Entertainment Theater Vol.0から約1年。毛利亘宏(少年社中)が企画・製作し、新たに立ち上げた演劇ユニットである “演劇の毛利さん–The Entertainment Theater” は、Vol.1公演として、『天使は桜に舞い降りて』を上演することが決定した。



本公演の情報解禁に併せて ティザービジュアル、ロゴも解禁。毛利亘宏からのコメントも到着している。また本公演の出演者や詳細は近日、公開予定だ。また公演内容やチケットの販売等、本作の詳細は随時、本公演の特設HP http://www.shachu.com/e_mouri01/ にてアップ予定としている。

桜の木の下に眠っているのは、希望か絶望か。Vol.1は『桜』の物語から生まれる『再生』をテーマにした作品。そのあまりの美しさは、時に人間も天使も狂わせる。儚く、そして、切なく。繰り返される『絶望』と『再 生』の物語です。厳しい状況を乗り越えて新たに生まれる "演劇"をお届けする。

毛利亘宏コメント
演劇の毛利さん ついに動き出します。Vol.0と称して、今年2021年のはじめに「星の飛行士」を上演してから約1年。今回、本格的な始動となります。今年のはじめ、多くの人の支えがあって、たくさんの方から頂いたお声に救われました。改めて、御礼申し上げます。
演劇の毛利さん は私、毛利亘宏が演劇の可能性、エンターテインメントの素晴らしさを全力で追求していく演劇ユニットとして、劇団や他のプロデュース公演とはまた違った“演劇”を皆さまにお届けしたいと思っております。

本作「天使は桜に舞い降りて」は、皆と思う存分笑い会いたい! 笑顔になってほしい! 桜の下に人が集うように、また劇場に人が集まってほしい! そんな想いを込めながら、人間の心の「再生」を描き出します。
桜はなんだか演劇に似ている気がします。美しく咲き誇り、儚く散る。そんな桜と演劇に再生への願いを託し、新作に臨む所存です。満開の桜を待ち望むような気持ちで、どうぞご期待下さい。


2022年1月、毛利亘宏(少年社中)が手掛ける “演劇の毛利さん–The Entertainment Theater”の新作にどうぞご期待下さい。


演劇の毛利さん-The Entertainment Theater Vol.1『天使は桜に舞い降りて』
脚本・演出:毛利亘宏(少年社中)
日程・会場:2022年1月:東京・愛知・大阪
出演者・詳細は近日公開! 

フジテレビ『ボクらの時代』10月17日放送にシアタークリエ『Home,I’mDarling~愛しのマイホーム~』に出演の鈴木京香・高橋克実・江口のりこが登場

左から、高橋克実、鈴木京香、江口のりこ

【ニュース】
10月20日(水)に日比谷シアタークリエで初日を迎える『Home,I’mDarling~愛しのマイホーム~』より、フジテレビ『ボクらの時代』に、鈴木京香、高橋克実、江口のりこの3人が出演することが明らかとなった。

舞台『Home,I mDarling ~愛しのマイホーム~』 は、イギリスの劇作家 ローラ・ウェイドによる オリジナル戯曲で、2019 年度のローレンス・オリヴィエ賞で5部門にノミネートされ、ベスト・ ニュー・コメディ賞を受賞したロンドン発の新作ストレートプレイ。
10 月 20 日(水)、豪華な日本人キャストと白井晃のオリジナル演出による日本初演が開幕する。現代のロンドン近郊を舞台に、1950年代のライフスタイルを追求する専業主婦ジュディ(鈴木京香)と、そんなジュディを心から愛する夫ジョニー(高橋克実)のユニークな夫婦を中心に、ジョニーの年下のクールな上司アレックス(江口のりこ)、ジュディやジョニーと同じく50年代フリークの共働き夫婦のフラン(青木さやか)とマーカス(袴田吉彦)、ジュディとは正反対の価値観をもつ母シルヴィア(銀粉蝶)が登場する 6人芝居。 

ジュディとジョニーの夫婦生活に起こる危機を通じて、“すてきな夫婦になる方法”を探す。そして、今もっとも旬なテーマであるジェンダーについて、コミカルに、時折シニカルに描き、夫婦(男女)が共存するために大切なことを描く。


今回、鈴木京香、高橋克実、江口のりこが出演する『ボクらの時代』は、毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。あえて司会者などを置かないことにより、ゲストたちの普段の顔・会話が垣間見られるような構成となっている。

『ボクらの時代』は、フジテレビ系全国ネットにて 10 月 17 日(日)あさ7:00~7:30 放送




舞台『Home,I’mDarling~愛しのマイホーム~』公演概要
東京公演 2021 年10 月 20 日(水)~11 月 7 日 (日) 日比谷・シアタークリエ
公演問合せ先 03 3201 7777

全国ツアー公演
兵庫公演 11 月 12 日 (金)~ 11 月 14 日(日)兵庫県立芸術文化センター阪急 中ホール 公演問合せ先:芸術文化センターチケットオフィス 0798 68 0255
大阪公演 11 月 17 日(水) 枚方市総合文化芸術センター関西医大大ホール 公演問合せ先:枚方市総合文化芸術センター別館 072 843 5551
愛知公演 11 月 20 日 (土) ~11 月 21 日(日) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール 公演問合せ先:キョードー東海 052 972 7466
山形公演 11 月 23 日(火・祝) 山形市民会館 公演問合せ先:山形市民会館 023 642 3121
岩手公演 11 月 25 日(木)岩手県民会館 公演問合せ先:岩手県民会館 事業課 019 624 1173
宮城公演 11 月 27 日(土)~11 月 2 8 日(日) 仙台銀行ホールイズミティ 21 大ホール 公演問合せ先:仙台放送 022 268 2174

『スペクタクルライブステージ 神・鬼・麗 三大能∞2020』11月10日DVD発売

(C)2021東映 木下グループ

【ニュース】
2021年8月27日よりミレールにて先行配信される『スぺクタクルライブステージ 神・鬼・麗 三大能∞2020』が、東映ビデオ株式会社より2021年11月10日(水)にDVD発売が決定した。本作は、日本の伝統芸能である「能」と、東映が誇る最先端のコンピューターグラフィックスが融合したイマーシブシアターが誕生。三面スクリーンに囲まれたステージで能楽師が舞い、舞台音楽は邦楽にオーケストラが加わった新しいサウンドを楽しむことができる。

これまでに見たことのない臨場感・立体感のあるエンターテインメントの世界がひろがり、鎮魂の芸能と言われる能楽の新しい世界。魂の舞が堪能できる。

また、DVDの映像特典には、観世清和×観世三郎太によるスペシャルインタビューの他、リハーサルメイキング特番や 解説・メイキング映像などを収録

『スペクタクルライブステージ 神・鬼・麗 三大能∞2020』
発売日:11月10日(水) 
価格:6,600円(消費税10%込み)・税抜6,000円

スタッフ・キャスト
監修/観世清和(二十六世観世宗家) 総合演出・出演/坂口貴信 総合監督/深作健太 出演/観世三郎太 他
RECORDING CAST
シテ(声の出演)/観世清和 ワキ(声の出演)/森常好笛/一噌隆之 小鼓/観世新九郎 大鼓/亀井広忠 太鼓/林雄一郎
地謡 /角寛次朗・岡久広・関根知孝
企画:観世文庫 製作:東映 木下グループ 映像制作:ツークン研究所 東映アニメーション 特別協力:観世能楽堂 出演協力:観世流能楽師
作品公式サイト :https://spectacle-noh.com/
11月10日(水) DVDリリース

有澤樟太郎、初の二人芝居に「オリジナル作品を一から作っていく大変さを痛感した」二人芝居「息子の証明』囲み取材&ゲネプロ

【イベント】
2021 年 8 月 25 日、銀座・博品館劇場にて、二人芝居『息子の証明』が開幕!!同日、囲み取材、ゲネプロが実施された。
今作は、タカハ劇団の主宰で、舞台「魔法使いの嫁」(脚本・演出)、テレビ「ここは今から倫理です。」 (脚本)等を手掛ける“高羽 彩”が脚色・演出し、テレビ「科捜研の女」(脚本)、映画「魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー」(脚本)等の“下 亜友美”が脚本をつとめる演劇作品。出演は、ミュージカル「17 AGAIN」スタン役やミュージカル「刀剣乱舞」和泉守兼定役など、様々な作 品で印象を残す“有澤樟太郎”とドラマ・舞台、数々の作品で存在感を放つ演技派女優“山下容莉枝”の二人。二人は今作で母子を演じ、濃厚な会話劇、二人芝居に挑む。




囲み取材コメント


来栖現実(リアル)役 有澤樟太郎 

初日を目前に控えた今、ひと言で言うと緊張しています。二人芝居は僕にとって初めての経験で、オリジナル作品を一から作っていく大変さを痛感しました。今まで経験したことのないような追い詰められ方 をしたりもしましたが(笑)、その度に山下さんのふとした優しさに救われ、高羽さんと現場のスタッフの方にも助けていただきました。山下さんと二人で高羽さんにみっちり稽古していただいたので、その成果が出ればいいなと思いますし、とにかく自信を持って二人の空間を楽しみながらお芝居できたらと思っています。

この厳しい状況の中で、ご来場くださる方の「楽しみにしています」という言葉や想いがとても励みになっていました。こうして無事に初日を迎えられることを本当にうれしく思います。“家族”や“つながり”のお話は誰しもに通じるお話だと思いますので、作品のテーマをしっかり届けられたらいいなと思っております。劇場に来るのが難しいお客様もいらっしゃると思いますが、多くの方々に是非お届けしたいテーマですので、たくさんの方にご覧いただきたいです。最後までどうぞよろしくお願い致します。

来栖小梅 役 山下容莉枝

有澤くんと同様に私も緊張しております。いっぱいいっぱいです(笑)。私の頭と体の容量を越えたお芝居ですので不安もいっぱいですが、とても良いストーリーで面白く見応えのあるお話だと思います。ご覧になるお客様にもそれをお伝えできればという想い一つで、有澤くんと手を携えて最後まで駆け抜けたいと思っております。このお話は、一つひとつ散らばっているパズルのようなものが進むにつれて少しずつハマっていき、あるカタチを成していきます。それが成した時に「さて、私たちはどういう選択をするのか?」が一番の山場であり、見応えになると思います。皆様にも思うところのある展開だと思いますので、楽しみにご覧いただければ。何かが心の中に引っかかって、それをお持ち帰りいただけましたら、それに越したことはございません。

脚色・演出:高羽彩

私も緊張しております(笑)。このご時世の中で興行を催すことは、舞台上の我々にも、ご来場くださる 皆様にも、それを行う意味などを考えざるを得ないものであるかと思います。そのような状況でも劇場でお芝居を観ることを選択してくださった方、配信でご視聴くださる方、この作品のことを少しでも気 にかけてくださる方、全ての方に感謝を申し上げます。そして初日を迎えられることを有り難く、幸福なことに思います。 見どころは、役者二人の逃げ場のないお芝居。いわゆる一幕モノで転換がない舞台空間の中、二人が作り上げる空気感が何よりの御馳走になるのではないかと思います。 

有澤さんは“打てば響く役者・有澤”という二つ名が稽古場で付いたくらい、ちょっとしたひと言をかけるだけで「それが欲しかった!」という台詞がポーンと出てくるようになる方。非常に瞬発力と読解力の ある役者さんだと思いました。さらに素直な方なので、真っ直ぐに芝居作りに取り組んでくださった。稽 古期間中にも蕾が花開くような瞬間をたくさん見せてくださったので、今まさに花開こうとしている、この瞬間にしかない有澤さんの姿も見どころになるのではないかと思います。山下さんはとてもポジティブな空気をお持ちです。真面目な方で休憩中も台本を手放さず、私ともディ スカッションの時間を度々持ったのですが、決してカリカリすることなく。「このお話とても面白いよね、良くなるよね」と常に前向きな姿勢で居てくださり、山下さんの華やかなポジティブさに若輩者の私も助けていただきました。山下さんのお芝居が有澤さんをグッと引っ張ってくださった時もあって、なんと頼もしい先輩だろうかと勉強もさせていただきました。おふたりの空気感があって、健全な創作現場で作り上げることができた作品です。




舞台は、あちこちに段ボールが置かれた応接間。両階段が続く二階の中央には立派な肖像画が飾られている。そこへ雨に濡れて入ってきたのは、来栖現実(有澤樟太郎)。新米プロデューサーの彼は、大女優の母・ 来栖小梅(山下容莉枝)に舞台の出演依頼をするため、8年ぶりに実家へ帰ってきたのだった。親子は久々の対面を果たすが、繊細な性格の息子・現実と豪快でマイペースな母親・小梅の掛け合いは言い争いになるばかり。その上、オファーの内容が小梅の出世作『郭公(かっこう)』の再演であったことで、ふたりの長年抱えていた想いが露呈していくことに......。



“家族”だからこそ言えないこと、こじれがちな距離感を役者ふたりが絶妙に表現。台詞の面白さとテンポを活かしつつ、人物像にしっかりと血を通わせている。有澤はスーツの映える長身で絶えず動き回る姿と、拗ねたような表情に愛嬌がある。時に母・小梅へのぎこちなさを等身大に、時に現実自身の理論を捲し立てるように熱演し、今作で広げた演技の幅を披露してみせた。山下は部屋着姿でありながら、一目で小梅が女優業だとわかる身のこなし。明るく芯の通った 包容力で有澤のエネルギーと役の葛藤を受け止め、母親の愛情深さを示した。



グサリと抉られるような親子の本音も飛び出すが、全体に流れるユーモアと軽快さが優しい後味を残す。 何気ない台詞が効いてくるクライマックスの展開まで目が離せない。

人は時に “つながり”を確かめずにはいられない。だが気持ちをぶつけ合うからこそ、互いの想いを感 じ取ることができる。“つながり”を感じづらい今だからこそ、多くの人に届いて欲しい作品だ。
(写真・オフィシャルレポート)


二人芝居『息子の証明』
脚色・演出 高羽 彩 脚本 下 亜友美
出演   有澤樟太郎 山下容莉枝
会場・日程 東京:博品館劇場(東京都中央区銀座 8-8-11)
2021年8月25日(水)~8月29日(日)
8月25日(水) 19:00
26 日(木) 15:00★ / 19:00★ 27日(金) 19:00★
28 日(土) 13:00 / 17:00★ 29 日(日) 12:00(S) / 16:00(S)
★アフタートークあり(S)ライブ配信あり ※開場は開演45分前より チケット 全席指定 8,800 円(税込) ※未就学児入場不可
チケット販売 e+ (イープラス) ローチケ
チケットぴあ ※PC/スマートフォン共通

脚色・演出:高羽彩 脚本:下亜友美
音楽:伊藤靖浩
舞台監督:藤田有紀彦 舞台美術:稲田美智子 照明:小林愛子(Fantasista?ish.) 音響:田中亮大(Paddy Field) 演出助手:三国由佳
衣装:山田安莉沙 ヘアメイク:海野由香
宣伝美術・グッズデザイン:川本裕之 スチール:金丸 圭 WEB:田中ユウコ
後援:文化放送 制作:シャチュウワークス、アンデム、東映
プロデューサー:中村恒太(東映)
企画・プロデュース:東映
2021年8月25日(水)~8月29日(日)にて上演

宮本亞門演出 ミュージカル『カラテ・キッド』2022 年春、米国セントルイスにてワールドプレミア公演決定!!

【ニュース】
株式会社木下グループとゴージャス・エンターテイメントは、共同製作中の新作ミュージカル『カラテ・キッド』(英 題:The Karate Kid – The Musical)を 2022 年春に米国セントルイスにてワールドプレミア公演をすることを発表した。

ブロードウェイのトライアウト公演として、ミズーリ州セントルイス郊外のカークウッド・パフォーミング・アーツ・セン ターで展開される「ステージズ・セントルイス(STAGES St. Louis)」の 2021-2022 シーズン作品の 1 つとなる。本年 9 月からニューヨークでワークショップが開催され、来春に向けて鋭意製作進行中。

本ミュージカル「カラテ・キッド」は、1984 年コロンビア・ピクチャーズ製作の大ヒット映画『ベスト・キッド』を、オリジナル映画版を執筆した著名脚本家ロバート・マーク・ケーメンが脚本、新鋭のドリュー・ガスパリーニが作詞・作曲を担当。演出は 2004 年に「太平洋序曲」で東洋人初のブロードウェイ・演出家デビューを果たした宮本亞門が手がける。振付はダンス界の第一線で活躍するケオネ&マリ・マドリッド。その他クリエイティブチームには、日本から前田文子が衣裳デザインを担当する他、トニー賞受賞デザイナー陣、デレック・マクレーンがセットデザイン、ブラッドリー・キングが照明デザイン、そして日系アメリカ人の原田海が音響デザインを担当するなど、ブロードウェイの精鋭クリエイティブチームが集結。セントルイス公演後はブロードウェイ入りを目指すという。

世界中で 30 年以上にわたり愛され続ける人気映画シリーズであり、最近では Netflix 等でオリジナル映画版の 34 年 後を描いた「コブラ会」シリーズが 2018 年より配信されていることで、本ミュージカル『カラテ・キッド』は米国で幅広い世代から注目を集めている。

宮本亞門コメント

オン・ブロードウェイに再度、挑戦します! アジア人演出家初めてのオン・ブロードウェイ演出から来年で18年。アメリカの地方にある劇場からスタートし、オリジナルミュージカル「カラテ・キッド」で米・ニューヨークの最高峰を目指します。日本では『ベスト・キッド』で親しまれた80年代の映画のミュージカル化ですが、映画のミュージカル化は失敗作も多く、それだけに舞台版 は映画とは違う現代の視点が必要です。 我々は人類は今、あっという間にコロナ禍を経験して、不安の代償として、分断を高め、攻撃や殺戮を繰りかえしています。そんな今だからこそ、私たちはこの舞台化で、未来を作っていく多くの人々向けて、カラテ本来の「カラテに先手なし」の精神を広げたいのです。カラテは、技を先に仕掛ける事を戒めているのではなく、争い事自体を戒めているのです。内に秘めたる力と、謙譲の心、和の精神をもって人に接すれば争い事など起こらない事を説いているのです。ですから舞台化も、主人公ミヤギの沖縄の精神も入れこみ、武器を持たず、血も流さないカラテの精神を基盤とし、大切な人を守り、目的を持って自立して生きることの精神を描きます。

また、この作品に係るスタッフ・キャスト一人一人も、未来を信じ、劇場に来ていただける観客の心に希望の火を灯そうと本気で取り組んでいます。台本は映画の原作者でもあるロバート・ケーメン氏とは、彼の経験でもあるこのストーリーを今一度 紐解きながら、現代人にどう伝わるかを模索しています。またドリュー・ガスパリーニ氏の音楽は、親しみやすく、またミヤギの世界を崇高に壮大で、カラフルに、また心にも触れる歌と、美しいラブストーリーを導きます。そして振付は、キオネ&マリらにお願 いして、カラテとダンス、コンテンポラリーと伝統をミックスした新たなスタイルを創りだしてもらいます。

精神性と鍛錬で、本当の強さを身につけた少年が、自分自身を変え、周りを変えていく、世界初カラテアクション・ミュージカルコメディ「カラテ・キッド」は、必ずや、国を越えて、多くの人に共感が広がり、分断とは反対の、認め合う共鳴の世界を広げ るでしょう。 4年前から、ワークショップを重ねて創り上げてきた今作は、2022年にはセントルイスで、その後ニューヨークで上演予定で す。どうか、皆さん、この新たな挑戦を見守ってください、応援よろしくお願いいたします。


     

セントルイス公演詳細
ミュージカル『カラテ・キッド』
(英題:The Karate Kid – The Musical )
日程:2022 年 5 月 25 日~7 月 3 日(予定)
劇場:カークウッド・パフォーミング・アーツ・センター(Kirkwood Performing Arts Center)メイン劇場



シアター・カンパニー:「ステージズ・セント・ルイス(STAGES St. Louis)」はエグゼクティブ・ディレクター、ジャック・レーン (Jack Lane)のもと、35 周年を迎えるシアター・カンパニーで、本 2021-2022 年シーズンは、新しいパフォーミング・アーツ・センターに拠点を移した後の初めてのシーズンになる。


プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR