FC2ブログ

記事一覧

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』 6月3日公開決定! アムロ・レイ役:古谷徹「15才のアムロを劇場版で演じるのは声優冥利に尽きる」キャラクター設定画も初公開


【ニュース】
TV シリーズ『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイン・アニメーションディレクターであり、累計発行部数 1,000 万部を超え るヒット作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を手掛けた安彦良和氏が監督を務め、名だたるスタッフが集結し、現在鋭意制作中のなか、2022 年 6 月 3 日(金)より全国ロードショーすることが決定した。

公開日決定を記念して、本作の総作画監督でありキャラクターデザインを担当している田村篤による描き 下ろしイラストを公開。RX-78-02 ガンダムとアムロの姿が描かれている。

左からカイ・シデン (CV.古川登志夫) ハヤト・コバヤシ (CV.中西英樹) セイラ・マス (CV. 潘めぐみ) アムロ・レイ(CV.古谷徹) フラウ・ボゥ(CV. 福圓美里) ミライ・ヤシマ(CV.新井里美) ブライト・ノア (CV.成田剣) スレッガー・ロウ (CV.池添朋文)


主人公アムロ・レイを演じる古谷徹、安彦良和監督からのコメントも到着!!
さらにホワイトベースメンバー:アムロ、ブライト、カイ、セイラ、ミライ、ハヤト、スレッガー、フラウのキャラクター設定画、総作画監督/キャラクターデザイン田村篤による描き下ろしイラストが解禁された。


古谷徹/アムロ・レイ役コメント
まさかククルス・ドアンの島が映画になるなんて思いもしなかった。43 年の時を経て、再びガンダムで戦う 15 才のアムロを劇場版で演じる事が出来るとは声優冥利に尽きる。アフレコに際し、自宅で時間をかけて念入りにリハーサルをした。 ラストシーンの映像を見終わった時、思いがけず涙が溢れた。 とてもリアルなモビルスーツの挙動、表情豊かなキャラクターたち、 安彦監督ならではの実に魅力的な作品に仕上がっている。

安彦良和/監督 コメント
ーーー『機動戦士ガンダム』は、名もない「小さな者達」が、たがいに助け合って巨きな敵と闘い、非情な運命の中を生きて行く物語です。かつてのテレビシリーズのなかに、もっともよくそうした色合いを表すひとつのエピソードがありました。しかし、い ろんな事情からそのお話は全体の流れからはみだし、取り除かれてきました。今、ガンダムの初心を愛するスタッフはそれに 光を当て、語り直します。ご覧ください。『ククルス・ドアンの島』


STORY】
ジャブローでの防衛戦を耐えきった地球連邦軍は勢いのままにジオン地球進攻軍本拠地のオデッサを攻略すべく大反抗作戦に 打って出た。アムロ達の乗るホワイトベースは作戦前の最後の補給を受ける為にベルファストへ向け航行。そんな中ホワイトベース にある任務が言い渡される。無人島、通称「帰らずの島」の残敵掃討任務。残置諜者の捜索に乗り出すアムロ達であったが、そこ で見たのは、いるはずのない子供たちと一機のザクであった。戦闘の中でガンダムを失ったアムロは、ククルス・ドアンと名乗る男と出 会う。島の秘密を暴き、アムロは再びガンダムを見つけて無事脱出できるのか...?

企画・製作:サンライズ 
原作:矢立 肇 富野 由悠季 
監督:安彦 良和 副監督:イム ガヒ
脚本 : 根元 歳三
キャラクターデザイン:安彦 良和 田村 篤 ことぶきつかさ 
メカニカルデザイン:大河原 邦男 カトキハジメ 山根 公利 
総作画監督 : 田村 篤
美術監督:金子 雄司
色彩設計:安部 なぎさ
撮影監督:葛山 剛士 飯島 亮
CGI 演出:森田 修平
CGI 監督:安部 保仁
編集:新居 和弘
音響監督:藤野 貞義
音楽:服部 隆之
配給:松竹 ODS 事業室
©創通・サンライズ
6 月 3 日(金)全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ