FC2ブログ

記事一覧

簡秀吉、杢代和人、佐藤瑠雅、星乃夢奈、並木彩華、萩谷慧悟、松永有紗、碓井将大、坂本浩一監督登壇 Vシネ『仮面ライダーギーツ』完成披露舞台あいさつ

【ニュース】
2月19 日、Vシネクスト『仮面ライダーギーツ ジャマト・アウェイキング』完成披露舞台挨拶を都内劇場にて実施。イベントには、本作のオリジナルキャスト、浮世英寿/仮面ライダーギーツ役の簡 秀吉、吾妻道長/仮面ライダーバッファ役の杢代和人、桜井景和/仮面ライダータイクーン役の佐藤瑠雅、鞍馬祢音/仮面ライダーナーゴ役の星乃夢奈、べロバ役の並木彩華、そしてゲストキャストで街を守る警官役の萩谷慧悟(7ORDER) 、ジャマトの変異種で人間・清春との間に子供を授かる葉月/クイーンジャマト役の松永有紗、警官に撃たれる清春役に碓井将大、さらに坂本浩一監督が登壇し、完成した本作の見どころや撮影秘話などを語った。


2023 年 8 月 27 日に最終回を迎えた大人気 TV シリーズ「仮面ライダーギーツ」。 TVシリーズでは、仮面ライダーギーツらの奮闘により世界の平和が守られた。そんな世界に再び脅威が訪れる。人類の未来は、仮面ライダーギーツ、仮面ライダータイクーン、仮面ライダーナーゴ、仮面ライダーバッファの手に託されます。吾妻道長はベロバの手によって眠っていたジャマトの力が覚醒し禍々しい姿のバッファになり、 「ふたりの浮世英寿」の存在は?
この世界を、人類を守りぬくことができるのか!?「仮面ライダーギーツ」最後の物語が描かれる。


新宿バルト9にて開催された完成披露舞台挨拶に本作のオリジナルキャストとゲストキャストが登壇し、作品への想いを語りました。上映後となる本イベントに大きな拍手の中、登壇し一人ずつご挨拶した。




今の気持ちを聞かれると簡は「簡秀吉だけに感無量です。久しぶりに「ギーツ」のファンのみなさまの前に立てるのは幸せです。初日も間近でほっとしています。たくさんのみなさまに見てもらいたいです」とコメントした。台本を初めて読んだ時の印象を質問され、佐藤は「どうやって「ギーツ」が終了するのかということと、坂本監督なのでどんなアクションにチャレンジできるのかワクワクしていました」とアクションに期待していたことを明かすと坂本監督からも「これやりたいですってアピールしてくれるので、どんどんやっちゃいました」と本作でも景和(演・佐藤瑠雅)のアクションがあることを匂わせました。並木は「ゾクゾクするね」と自身が演じたべロバ(演・並木彩華)のお馴染みのセリフで会場を沸かせた後「ダークなところとか、ニチアサ(日曜朝)では言えないような言葉など、いい意味でたくさんあったのでTVシリーズのギーツじゃないなと思いました。でも私が一番べロバを知っているのでいつも通りやろうと演じました。」といつも通りを心掛けたことを明かしました。星乃は「最終回のその後が描かれていて私と沙羅さん(演・志田音々)、景和はずっと一緒にいて…」というと、佐藤が「景和と祢音ちゃん(演・星乃夢奈)がずっと一緒にいるから、僕は2人が付き合ってるんじゃないかなと思ったんだけど!」と口を挟むと「やめて!(笑)それは景和の勝手な考えだから!付き合いたくないし祢音ちゃんは(笑)」と否定をして会場は大きな笑いが起こりました。杢代は「今回、吾妻道長(演・杢代和人)が鍵を握っているということで、仮面ライダーバッファの強化フォームが登場したり、結構キーになっていると思います。僕の活躍をぜひ、何回も見てください!強化のフォームの時の叫びなどがポイントです」と自身の活躍をアピールした。
 
今回のゲストキャラクターに自身が演じたキャラクターについてうかがっていくと萩谷は「警官役です。ネタバレがあるので…」と会場に来たお客様だけに詳細を話した。ぜひ、劇場でただの警官ではない正体をご確認ください。5年前に舞台「仮面ライダー斬月」で仮面ライダー作品を経験しているという萩谷は本作の出演が決まった時にも「舞台にも出ていたので、お話をいただいたときにはうれしかったです!僕なりの彼の正義を貫いています」とコメント。クイーンジャマトで人間との間に子供授かる葉月を演じた松永は「初めての特撮作品ですごくうれしかったです!兄が大人用の仮面ライダーベルトを今も集めているくらい好きなので、その影響で私も小さい頃からヒーローに憧れていました。ついに私もこっちの世界に入ることができたんだって思いました」と仮面ライダー作品への憧れを明かした。

さらに今回初めて母親役に挑んだこともあり「子どもがいるってどんな感情になるのか、怖い部分があったんですけど、現場に入って息子役の正垣くんにお会いした時に素敵でかわいくて、自然にこの子を絶対に守らなきゃって母性が開花されました」と明かすと坂本監督も「自分も子供がいるのでわかるんですが、その辺(親心)は的確に表現してくれたと思います」と語り、母親役へのお墨付きをもらう。葉月との間に子供を授かる清春役の碓井は、2008年に「炎神戦隊ゴーオンジャー」でゴーオングリーン/城範人役だったこともあり「「ゴーオンジャー」で演じた範人はピザ屋のバイトをしていたので、今回はパンになって…小麦つながりなんですかね?(笑)」と会場を笑わせた。さらに「今回「ギーツ」の話をいただいた時に俺も仮面ライダーになれると思ってたら、資料に“撃たれる”って書いてあったので何かの間違いかなって…次は変身できるときにお願いします!」と監督にアピールし笑いを誘った。

一年間演じてきた作品の集大成となる本作への出演に関して質問されると並木は「長い間か関わってきたキャラクターは初めてなので安心感もありつつ、どうやったら一番いいものを届けられるかなって考えました。でもべロバのことを一番わかっているのは私なので、いつも通りリラックスして撮影しました」と明かし、星乃は「(TVシリーズの)最初は右も左もわからず変身ベルトを見ながら変身していた女の子が、戦いながら強くなっていき、その集大成だからいつも通りのかわいさと明るさという1年間やってきた強みを最後まで貫き、祢音として演じることを心掛けました」と伝えると坂本監督も「本当にみんなアクションを頑張ってくれた」と労った。佐藤は「(TVシリーズから)成長した景和もいいけど、変わらない景和を届けるのもいいのかなって思って僕自身も楽しく演じられてうれしかったです!「ギーツ」の集大成を楽しんでください!」と語った。杢代は「レギュラーキャストみんなが1年間で成長して、本作では“ここはこうしよう”ってみんな向上心高く挑み現場がすごく明るかったので撮影してて楽しかったです!僕、坂本監督のこと大好きなんですけど」と突然の告白に坂本監督も「俺もすきですよ」と笑顔で返し「最後、坂本監督と一緒に作れて僕自身、すごくうれしくて最高でした!」と言葉にした。簡は「集大成でキャスト・スタッフ暑い中、気合い入れて撮った作品です。みんな成長しています。楽しい夏でした!」と撮影の思い出を締めくくっ。

最後に簡と杢代から一言ずつ挨拶。
杢代は「Vシネ「ギーツ」何度も見てください!最後の最後まで「ギーツ」面白かったよって言っていただける作品になったと思います。これで本当に最後のお別れですけどずっと楽しんでいただける作品になったと思うのでずっと好きでいてください。本当に今日はありがとうございました」と思いを伝え、簡は「お集まりいただきありがとうございます。みなさまにお届けできてうれしく思います。ギーツのキャストみんなでこうやって(ステージに)立てるのは残り数回しかないので、この作品を見て、みなさまの心にずっと残り続ける「仮面ライダーギーツ」であるといいなと思っています」と言葉にし、舞台挨拶は幕を下ろしました。
(オフィシャルレポート)


Vシネクスト『仮面ライダーギーツ ジャマト・
アウェイキング』2024 年 3 月 8 日(金)より期間限定上映、2024 年 7 月 24 日(水) Blu-ray&DVD を発売

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ