FC2ブログ

映画『梅切らぬバカ』もう本物の親子にしか見えない加賀まりこと塚地武雅!2人の新場面写真が解禁

【ニュース】

加賀まりこと塚地武雅のまるで親子のような新場面写真が解禁!!

先日解禁した予告編は加賀&塚地親子の微笑ましい姿が好評で、初共演となった 2 人には「意外な組み合わせだけどすごい安心感!」など続々と期待の声が寄せられている本作。すでに本作を鑑賞したマスコミ関係者からは「まるで本物の親子のよう」という声も多数上がっている。

場面写真でも、予告編同様に何気ない日常の尊さが溢れる親子 2人の姿が切り取られている。加賀演じる珠子が息子・忠男の世話をする様子や、優しい眼差しからはまるで本物の親子のような絆が感じられる。今作が初共演だった 2 人だが、加賀は塚地との芝居や撮影現場でのやり取りについては“あ・うん”だったと振り返る。塚地も 「最初はめちゃくちゃ緊張していたのですが、加賀さんは優しく頼りになる本当に母のような存在でした。加賀さんに身を預けていたら親子になれました」と役に重ね振り返る。また、予告編を見た人や本作を鑑賞したマスコミから、「本物の親子のようだ」とい った声が多く届いていることを伝えると「そんな、滅相もない。うちのオカンが怒りますわ!」と芸人の顔に戻ってすかさずツッコミ。そんな加賀と塚地が“あ・うん”の呼吸で作り上げた、笑いと涙に溢れたあたたかな親子の物語、是非劇場でお楽しみください。


   
【ストーリー】
父親代わりの梅の木が運んでくれた“小さな奇跡”とは・・・?
山田珠子は、息子・忠男と二人暮らし。毎朝決まった時間に起床して、朝食をとり、決まった時間に家を出る。庭にある梅の木の枝は伸び放題で、隣の里村家からは苦情が届いていた。ある日、グループホームの入居案内を受けた珠子は、悩んだ末に忠男の入居を決める。初めて離れて暮らすことになった忠男は環境の変化に戸惑い、ある晩ホームを抜け出してしまう。そして、珠子は邪魔になる梅の木 を切ることを決意するが・・・。


加賀まりこ 塚地武雅
渡辺いっけい 森口瑤子 斎藤汰鷹 / 林家正蔵 高島礼子
監督・脚本:和島香太郎
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト 2020」長編映画の実地研修完成作品 ©2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト 公式サイト:https://happinet-phantom.com/umekiranubaka/
11 月 12 日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR